PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
対処ではなくて、根本から変えよう
0


    みなさん、こんにちは。

     

    お盆がすぎて、また電車が混み出したなと感じる今日この頃。

     

    最近は夏休みをずらして取る方も増えていると思いますが、
    お盆はやっぱり人が少ない気がします。

     

    私も夏休みが終わってしまいました・・・

    ここからまた頑張ろうと思います^^

     

     


    さて、今回からIRMの基礎に戻ってお伝えしていきますね。

     


    前々回までは「天才道」のお話を中心に書かせて頂きましたが、
    その「天才道」を実践していくにも、
    IRMの基礎を知っておいた方が断然進めやすい!

    というか、知っていないと、なかなか天才もスパークし切れないと思うので。


    天才道のお話で「もっと自分の才能を開花させたい!」と思われた方も、
    IRMって何?という方も、
    IRMを知って、実践して、人生が激変した!と言えるくらいに、
    変わるきっかけになることを祈って、なるべくわかりやすくお伝えしようと思います。

     

     


    そもそもIRMとは何かというのは前回お伝えしました。

     

    読まれていない方はこちらをどうぞ^^

     


    IRMというのは「体験の本質を読み解く方法」だとご理解頂けましたか?

     


    何か問題が起こったとき、
    「どうしよう。どう対処しよう。どうやってこれを乗り切ろう?」
    などと考えがちではないでしょうか?

     

    問題に対して、その場しのぎの(というと聞こえは悪いかもしれませんが)
    対処をするのではなくて、
    「何でこういう体験をするのかな?」という方向で考えていく。

     

    取引先にすぐに謝りに行く等、対処が必要なこともありますが、
    根本的な原因を探してそこから修正していくことで、
    二度と同じような問題が起こらなくなるんです。

     

    その場を何とかできればそれでいいと思うかもしれませんが、
    実は、根本的な原因から修正できていないと、
    同じような問題が何度も起こってしまう可能性があるんです。

     

     

     

    実際に私自身、対処ばかりして何度も同じようなことが起こっていました。

     

    分かりやすかったのが、社長との関係です。

     

    なぜか分からないけど、私ばっかり怒られる。

     

    他の人が同じことをしても「まぁ、そういうこともある、気をつけなさい」で済むのに、
    私だと皆の前で大声で怒鳴られるんです。

     

    もう、嫌で嫌で、仕方なかった。

     

    「何で、私ばっかり!?」と思って、少しその「何で」を考えてみたけど、
    出てくる答えは結局「私は悪くない。社長の考え方がおかしいんだ」
    ということばかりで、「何で」の本当の答えなんて分かりませんでした。

     

    分からないというか、本気で「社長の性格の悪さが原因」だと思っていました。

     

    で、イライラしたときは、友達とロックバンドのライブに行って騒ぐとか、
    ちょっと奮発して買い物しちゃうとか、
    そうやってイライラに対処していました。

     

    これはIRMを始めて根本的な原因を修正するまで、ずっと続きました。

    なんと、7年以上も!

     

    自分でもよく耐えたなと思いますが、
    対処をやめて根本から直していったら、社長から怒られることはなくなりました。

     

    その場を乗り切ればいいと思っていたけど、
    こんなに劇的に現実が変わるなら、もっと前からIRMを知りたかった!
    なんて思ってしまうくらいでした。

     

     

     

    と、対処ではなくて根本から変えていくことが大事だと伝えるのに、
    こんなに長くなってしまいました^^;

     

     


    では「体験の本質を読み解く」と、一体どんな良い事があるのでしょうか?


    IRMの<5大メリット>というのがあるので、それをみてみましょう。

     


    <IRM 5大メリット>

     

    絶対的な自信が持てる

    天命・天職が分かる

    絶対安心・絶対幸福で生きられる

    潜在能力に気づき、活かせるようになる

    感情をコントロールし、楽しめるようになる

     

     

    いかがですか?

    この中に、「これ、いいな〜」というのはありましたか?


    実はIRMはこれ以外にもたくさんのメリットがあるのですが、
    挙げていくとキリがないので、5つだけ出しています。

     


    私がIRMを始めたきっかけは、
    の状態になりたかったというのが大きかったと思いますが、
    おかげさまで、今は基本的に「絶対安心・絶対幸福で生きている」と思えます^^

     

    IRMをやったからって、嫌な事が起こらなくなるわけではないので、
    今現在も毎日のように嫌な事は起きてくれちゃってます。

     

    でも、以前と違うのは、自分で根本的に解決する力がついたので、
    嫌だけど、根本を変えたらこれからどう現実が変わるのかな?
    なんてワクワクしていること。

     

    嫌な事が起きたのに、ワクワクするって、
    すごいM気質みたいですが、そういうわけではありません(笑)

     

    臭いものにフタをするような対処ではなくて、
    自分で根本的に解決できると分かっているから、怖くないという感じです。

     

    この「怖くない」って、サラッと言っていますが、
    結構すごいことだと思うんです。

     

    強がりとか、開き直りではなくて、社長に怒られても大丈夫!なんですよ。

     

    この境地にたどりつけただけでも、IRMをやって良かったと思えます^^

     

     

     

    じゃあ、この<IRM 5大メリット>を実感するためにやることって?

    いろいろやんないといけないんじゃないの?


    なんて思われるかもしれませんが・・・

     

    実は全て共通で、たったの1つだけ。

     

    全て同じやり方で5大メリットの実感までたどり着けるんです。

     


    それが、「感情学修」という手法です。

     

    ただ、その「感情学修」をするにあたっては、
    「5つの法則」という知識をしっかりと入れ込まないといけません。

     

    だから、IRMは「5つの法則」という知恵と、
    「感情学修」という技術の両方を習得していくもの
    、なんです。

     

     

     

    「5つの法則」や「感情学修」については、
    これからまたゆっくりお伝えしていきますね。

     

     

     

    ここまでお読み頂きありがとうございました。

     

    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

     

     

     

     

    1DAYスクール 大幅リニューアル!
     
     
    前回の1DAYスクールから、
    今までと内容がガラッと変わりました。
     
    IRMベーシックの時間には、
    認定インストラクターの奥山さんが、
    今みなさんにお伝えしたいことを、
    様々な切り口で分かりやすくお話ししてくれます。
     
    また、幸田先生によるIRMアカデミーも、
    質疑応答を中心としたオープンセッション形式。
     
    感情学修をやっているけど、いまいちスッキリしない、
    今まで天才道のことを聞いて来たけど、ここがよく分からない 等。
    どんな質問も受け付けているので、
    その時にあなたに必要な情報がたっぷり得られますよ!
     
    今の自分の問題を解決するヒントが欲しい方は是非!


    次回開催は9月10日(日)です。
     

    1DAYスクールの詳細とお申し込みはこちら


    8月27日までのお申し込みで早割が適用されます。

    間野智子のブログを見たというコメントで2000円割引です♪
     
    お申し込みはお早めに!

     

     

    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |