PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
こんな所も上手になっていたとは
0


    みなさん、こんにちは。

     

     


    (ちょっと自慢みたいになってしまうのですが・・・)


    先日、薬を買いに来た方に、

     

    「あなたは上手な笑顔をするわね」

     

    と言われました。


    (はい、自慢です(笑))

     

     


    上手な笑顔??と思っていたら、

     

    「口だけではなく、ちゃんと目も笑っている」

    ということでした。

     

     

     

    自分では全然気づいていない部分だったので、
    言われてビックリしました。

     

    でも、そんな風に思って頂けるなんて、
    本当にありがたいな〜と思いました。

     

     

     

     

    こう言われるくらいになれたのも、

    やっぱりIRMのおかげだなと思うんです。

     


    なぜなら、IRMを始めてから、

    患者さんに対しての感謝の気持ちが
    何倍、何十倍にも増えたから。

     

    毎日、来てくれる患者さんに対して、

    心から「ありがたいな〜」と思えるようになったんですよね。

     


    たまにはムカッとする患者さんもいますけど^^;

    (感情学修をすれば、最終的には「ありがたい」になります)

     

     


    患者さんが来てくれるから仕事が成り立っていて、

    「患者さんの役に立ちたい」という私の希望を叶えてもらえて、

    お給料の元にまでなってくれている。

     

     

    そう心から思えるようになれたので、
    もう「ありがたい」しかないんです。

     

     

     

     

     

    IRMを始める前の私は、

    患者さんはただの患者さんであって、

    こんなことを言うと失礼ですけど、

    「患者さん対応は業務の一つでしかない」という感覚。

     

     

    笑顔ではやっていましたが、

    「淡々とこなす」という表現の方が合っていたと思います。

     

     

    たまにちょっと良い事が出来たなと思えた時だけ、

    「役立ったかも」と少し嬉しくなるくらい。

     

     

    そういう時ですら、基準は自分側にあって、

    「私、頑張ったな。感謝されるかな」となるだけで、

     

    「患者さん、ありがとう。来てくれてありがたいな〜」なんて、

    思ったことないかもしれません。

     

     

    そのくらい、患者さんに対して

    「感謝」という気持ちを持つことはなかったと思います。

     

     


    あ、でもですね、

     

    見た感じは冷たい人というわけではなかったと思います。

     


    どうしてかというと、優等生の価値観がものすごくあったから。

     

     

    周りから良く見られたいというのは人一倍強くて、
    良い子ちゃんに見られるための振る舞いはしていました。

     

    「いつもニコニコ、感じのいい人」ではあったと思います。

     

     

     


    いませんか!?こういう人(笑)


    感じはいいけど、なんかバリアのある人。


    多分、笑顔の時でも目は笑っていなかったと思います。

     


    これが私(でした)。

     

     


    改めて考えると、かなり心の冷たい人だったかも^^;

     

    かも、ではなくて「確かに」ですね。

     


    あの頃は無自覚でしたが。

     

    感情学修で「冷たいのは私だ!」と

    気づくことがたくさんありましたし。

     

     

     

     

     

    こんな内面が冷たかった私が、

    上手な笑顔と言われるくらいまで変われたなんて。


    本当にIRMに出会えて良かったなと思います。

     

     

     

     


    IRMには自分を変えられる

     

    「具体的な方法」

     

    がちゃんとあるから、やりやすいんですよね。

     

     


    ネガティブな感情を入り口にして、

    体験の本質を読み解き、全肯定、

    感謝や感動が出るまでになる「感情学修」

     

     

    周りのものや人等の潜在価値に気づくことが出来、

    「ありがたい」という気持ちで満たされる「創造的感情学修」

     

     

    感情学修をする上で大事な土台となる

    「5つの法則」も忘れてはいけません。

     

     

    これらがしっかり確立されていることで、

    誰がやっても、自分自身で自分の中から答えを導き出せる。

     

     

     


    コツコツ取り組むことで、

    常に「ありがたいな」という気持ちがある、

    温かい人になってきたと思います。

     

     

     

     


    そういえば、IRMを始める前には

    何に対しても「ありがたい」なんていう気持ちは

    ほとんど出ていなかったかも。

     

    というか、心からの「ありがたい」は

    思ったことがなかったんじゃないかと思うほど。

     


    あって当たり前、やってもらって当たり前、

    私がやったんだから感謝してよね、

     

    でした。

     

    (嬉しい、楽しい、というのはたくさんありましたが。

    ありがたいって、それとは違いますもんね)

     

     

     

     


    「ありがたいな」という気持ちが持てるようになると

    何がいいのかと言うと、

     

    「幸福感が高い」んです!

     

     


    IRMでこんなに日々の幸福感がアップするとは

    初めは全く想像もしていませんでした。

     

    でも、IRMをやっているほとんどの方は、

    幸福感がアップしています。

     

     

     

    幸福感の高い状態で日々を過ごせるというのは、

    IRMのたくさんあるメリットの中の一つでもあります。

     

     

     

     

    笑顔が上手になりたい方はもちろん、

    (そういう人、いるかな?)

     

    何となく幸せじゃないなとか、

    淡々と日々を過ごしているだけだなという方に、

     

    IRMは本当にオススメです^^

     

     

     

     

     

     

    感情学修は体験も出来ますよ!!


    認定インストラクターの奥山さんが丁寧に教えてくれます。


    少人数でリーズナブル。
    どういうものか知りたい方にぴったりです。


    「感情学修カフェ」の詳細とお申し込みはこちら

     

     


    また、来月から3回に渡って、

    IRM開発者である幸田宗昌による講座もスタートします!!

     

    “ビジョン”“夢”という言葉に気後れしてしまう人のための

    Visionの創造 プレミアムワークショップ

    毎日がビジョンにつながる価値ある1日になる!

     

    詳細ページには、こんなに教えてくれちゃっていいの!?

    というくらいの、目からウロコの情報が載っています。


    ここを読むだけでも、かなりお得です!!

    是非読んでみてください!!

     

     

    詳細とお申し込みはこちらです。

     

     

     

     

    ここまでお読み頂きありがとうございました。

     

    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

     

    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |