PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
視点を上げれば観えるものが違ってくる
0


    みなさん、こんにちは。

     

     

     

    この前、職場の女の子の怒りがおさまらないという、
    ちょっと大変なことがありました。

     

    (違う店舗の子なので、聞いた話なのですが)

     

     

    以前から抱えていた職場に対する不満が、
    ちょっとしたことをきっかけに爆発してしまい、
    周りの人たちに当たりまくる。


    仕事中に当たってくるので、
    倉庫の方に移動して話を聞く等していたようで、
    現場を回せる人の数が減ってえらいことに。

     

     

    なんとかなだめようと冷静に客観的な事実を伝えても、
    全く受け入れずに感情的にわめくだけ。


    被害者意識が強すぎて、
    何を言っても聞いてもらえないような状態だったそうです。

     

     

     

    風の谷のナウシカのワンシーン、

     

    王蟲の群れが谷に向かって暴走している時の
    ナウシカの台詞


    「怒りで我を忘れている」


    というのを思い出しました(笑)

     

     

     

     

    怒りで我を忘れて、
    周りからの助言も、客観的な事実も、
    何も入っていかない状態。

     


    こういう状態に陥っている人を傍から見ているときは、

     

    「周りが見えなくなっちゃってるな〜」

     

    と思うことも多いのではないかと思います。

     

     


    でも、いざ自分がデトックス(ネガティブな感情)にまみれたら、

    無意識に「周りが見えなくなっている状態」に

    なってしまうものなんですよね。

     

     


    他人が怒っているときなどは、

     

    「出来事の一部分しか見えていないよな、
    もっと多角的に観たらいいのに。
    そうしたらもっと冷静になれるのに、もったいない」

     

    なんて思えるのに。

     

     

     

     

    出来事を観る視点がどこにあるかで、

    感じ方というのは大きく変わってきます。


    「観方」「捉え方」なんて言い方もできますね。

     

     

    当事者と周りの人とでは視点の位置が違うので、

    感じ方も変わり、出てくる感情も変わるんです。

     

     

    視点が上がると、物事を客観的に観られて、
    感情も落ち着いてきます。

     

     

     

     

    IRMでは、これを台風に例えたりします。

     

     

    感情的になっているときは、

    地上で台風の暴風雨にさらされている状態と同じで、

    すごく大変に感じます。

     

     

    でも、ちょっと上空に行けると、

    客観的に台風を見ることになり、

    すごく冷静に「こんな状態になっているんだな」と分かる。

     

    更に、雲の上だから晴れ渡っていて穏やか。

     

     


    だから、

     

    デトックスにまみれていて苦しいときは、

    いち早く台風より上に上がれるようにするといいんですね。

     

     

     


    台風より上に上がるには、

     

    出来事を客観的に観ること。

     


    当事者ではなくて、第三者のような視点から、
    俯瞰して観るんです。

     


    視点を引き上げるんですね。

     

     

     


    そうすることが出来れば、

    感情的にもかなり落ち着くし、

     

    いろいろなことにも気づけるようになって、

    感じ方も変わってきます。

     

     

     

    ただ、そうは言っても、

    自分で視点を引き上げるなんて、

    慣れていないとなかなか出来ないかもしれません。

     

     

    どうやって引き上げればいいのか、

    「引き上げ方」というのが分かっていないと、

    ちょっと難しいかもしれないので。

     

     

     


    そこでオススメしたいのが

     

    「感情学修」です。

     

     

     


    この感情学修というのは、

     

    視点を引き上げるための「やり方の手順」

     

    でもあるんです。

     

     


    型どおりにやっていくと、

    自然と視点も引き上げられているので、

    すごくいいんですよね。

     

     

     

    ポイントは、

     

    デトックスにまみれまくっている時に

    開始するのではなく、

     

    少し感情が落ち着いてから開始すること

     

    です。

     

     

     

     

    感情的になり過ぎているときは、

    なかなか「考える事」がうまく出来ません。

     


    ちょっと落ち着いて、

    少し考えられるようになれたら始めるようにすると、

    上手にスーッと視点を上げる事が出来ます。

     

     

     

     

    感情学修のやり方のシートは、

    ブラッシュアップ勉強会でお渡ししていますので、

    興味を持たれた方は、是非お気軽にお越しくださいね^^

     

     

     

     

     

    今回は、デトックスにまみれてしまったら、

    視点を上げることを心がけてみましょう、

     

    というお話でした。

     

     

     


    本当に、そう出来るようになると

    楽になるまでの時短になるし、

    いろいろと気づけるようになるのが面白いですよ。

     


    苦しいときほど、意識してみてくださいね。

     

     

     


    ここまでお読み頂きありがとうございました。

     

    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

     

     

     

     

     

    感情学修シートがもらえる

    ブラッシュアップ勉強会はこちら!!

     

     

    次回開催は2019年8月18日(日)です。

     

     

    8月のテーマは「人間関係」


     〜もう人にふりまわされない!
      「感情学修」で自分らしさを取り戻す
       人間関係好転講座〜

     

     

    生きていれば切って離せない「人間関係」

     

    これを良好にできるコツを知っておくと

    人生がかなり明るくなると思いますよ!

     

     

    人間関係でお悩みの方はもちろん、

    感情学修に興味のある方、

    今悩みはないけど人に振り回されたくない方など、

    いろいろな方に来て頂きたい講座です。

     

     

    8月4日(日)までのお申し込みで
    早割りが適用され、

    参加費は なんと3500円!!

     

    お得なこの機会をお見逃しなく!

     


    詳細とお申し込みはこちら

     

     

    みなさんのお越しをお待ちしております。

     

     

    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |