PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
福島智先生の本を読んで思うこと
0


    みなさん、こんにちは。

     


    ブラッシュアップ勉強会で紹介された、
    東京大学の教授である福島智先生の本
    「ぼくの命は言葉とともにある」を読んで、
    すごく考えさせられています。

     

     

    (Amazon より引用)

     

     


    みなさんは福島先生をご存知ですか?

     


    9歳で失明、18歳で聴力も失い、盲ろう者となった方です。

     


    福島先生についてここでは詳しく書きませんが、
    (気になった方はご自身で調べてみるとすぐに出てきますよ)
    私が読んだ本がとても良くて、
    たくさん響くところがありました。

     

     


    いろいろあってどこをピックアップするかも
    迷うくらいなのですが、
    私が今回ご紹介しようと思ったのは、
    福島先生も衝撃を受けたという詩です。

     


    *******************

     

    生命(いのち)は

                                           吉野弘

     

    生命は
    自分自身だけでは完結できないように
    つくられているらしい
    花も
    めしべとおしべが揃っているだけでは
    不充分で
    虫や風が訪れて
    めしべとおしべを仲立ちする
    生命は
    その中に欠如を抱き
    それを他者から満たしてもらうのだ
    世界は多分
    他者の総和
    しかし
    互いに
    欠如を満たすなどとは
    知りもせず
    知らされもせず
    ばらまかれている者同士
    無関心でいられる間柄
    ときに
    うとましく思うことさえも許されている間柄
    そのように
    世界がゆるやかに構成されているのは
    なぜ?

     

    花が咲いている
    すぐ近くまで
    虻の姿をした他者が
    光をまとって飛んできている

     

    私も あるとき
    誰かのための虻だったろう

     

    あなたも あるとき
    私のための風だったかもしれない

     

    *******************

    (「ぼくの命は言葉とともにある」142〜145ページ引用)

     

     

    みなさんはどう感じられましたか?

     

    私はこの詩を読んで、
    久しぶりに「統一観ピラミッド」を思い出しました。

     


    統一観ピラミッドというのは、
    どれだけ自分がいろいろな人やものに支えられて生きているのか、
    という「おかげさま」や「恩恵」を表したものです。

     

    それが、こちら。

     

     


             ▲ 私
            △△△ 家族
           △△△△△ 友人・知人
          △△△△△△△ 他人
         △△△△△△△△△ 社会(会社)
        △△△△△△△△△△△ 世界
       △△△△△△△△△△△△△ 自然
      △△△△△△△△△△△△△△△ 宇宙(普遍的集合無意識)

      

     

     

    「私」が頂点にいるピラミッドで、
    「私」は、その下の「家族」「友人・知人」・・・といった、
    全ての階層のおかげさまで成り立っているという図です。

     


    これを観ていると、
    本当に、自分ひとりでは生きていかれない、
    周りの人やもののおかげさまで生きられていることを感じます。

     

     

    この詩にもあるように、
    自分に出来ない事があっても、
    それを誰かが必ず補ってくれている。

     

    そして、その逆もあって、
    誰かの出来ない事は、
    私が補えているかもしれない。

     

     

    このピラミッドは自分が中心になっているものだけど、
    頂点を「他人」としたときには、
    自分は2段目、3段目、4段目など、
    「他人」を支える側の層のどこかに必ず入ります。

     

    どんなに知らない人であっても、
    「他人」や「社会」や「世界」の層には入りますから。

     

     

    だから、ただ、今生きているというだけで、
    全然知らない人も、私を支えてくれているし、
    私も誰かを支える一部になっているんですよね。

     


    この詩を読んで、
    人と人との繋がりのありがたさを
    改めて感じました。

     

     

     

    本を読んで、こういうことを
    思えるようになれたこと自体もありがたいなと感じます。

    (自画自賛みたいになってしまいますが^^;)


    これは本当にIRMの
    創造的感情学修のおかげさまだし、
    毎月のブラッシュアップ勉強会のおかげさまです。

     

    以前の私は、こんな風には考えられなかったので。

     

    感性が養われてきたのかなと思うと、
    本当にIRMには感謝しかないなと思います。

     

     

     


    そもそもこの本を読むことになったのは、
    「人生のシナリオライター講座」で
    参考になることが多いということで、
    先生が勧めてくれたからです。

     

     

    本の中に、

    「人は他人とコミュニケーションをとることによって、
    自分という存在が確立される」

    といった意味の文章がありました。

     

     

    自分ひとりだけではその存在が確立されることはなく、
    誰かとコミュニケーションを取る事で
    はじめて「自分が存在しているのだ」となる。

     


    どんなに自分ひとりで生きているように感じていても、
    どこかで必ず人と接したり、
    人とは直接接したりしなくても、
    人との繋がりがあってこその自分なんですよね。

     

     

    コミュニケーションを取るということは、
    自分が存在する上で欠かせないものだということ。

     

    そして、コミュニケーションあっての自分だということ。

     

     

     

    普段何気なくしているコミュニケーションが、
    いかに大事なものであるのかが、
    とても丁寧に書かれていました。

     

     

    これを読んで、
    コミュニケーションの大切さが改めて分かっただけでなく、
    どのように上手にコミュニケーションを取っていくかということも、
    同時に考えていきたいなと思いました。

     

     


    そして、そのコミュニケーションの質を
    上げるのに役立つのがIRMです。


    IRMも、今以上にしっかり活用していきたいなと思いました。

     

     


    みなさんも、良かったら読んでみてください。

     

    きっと、心に響く言葉が見つかると思います。

     

     

     

     

     

    ここまでお読み頂きありがとうございました。

     

    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

     

     

     

     

     

    次回のブラッシュアップ勉強会は、
    シナリオを書いていく実践になります!!

     

    なので、幸田先生の基調講演はありません。


    でも、他の人が書いた人生のシナリオを聞いたり、
    それに対しての質疑応答等を聞くだけでも、
    自分のシナリオの参考になると思います。

     

    自分のシナリオがまだ書けない方でも大丈夫です!

     

    聞いているだけでも、
    すごく参考になるお話がたくさんあると思います。


    「魂とのコミュニケーション」等に興味がある方など、
    特にオススメの内容になっています!

     

     

    次回は11月18日(日)開催です。

     


    今ならいつもの半額の6000円で参加できます。


    お申し込みと詳細はこちら


    お申し込みは11月14日(水)までです。

     

     

    みなさんのお越しをお待ちしております。

     

     

     

     

    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    出来なかった時に●●●●は出ていますか?
    0


      みなさん、こんにちは。

       

       

      みなさんは、
      何かを達成しようと決めて、
      動いてみたけど出来なかったときってありますか?

       

       

      自慢ではありませんが、私はたくさんあります。

       

      (自慢になりませんよね^^;)

       

       

       

      達成出来たか、出来なかったかというのは、
      もちろんとても大事なところです。

       


      達成したら、オッケーとなりますが、
      問題は達成出来なかったときですよね。

       

       

      そういう時は、
      何がどういけなかったのか、
      次回はどうすれば達成するのか、
      といった対策を考えること、これもとても大事です。

       

       


      そして、もう一つ。

       

      出来なかったときに、とても大事なことがあるのですが、
      みなさん分かるでしょうか?

       

       

      実は、「くやしがること」なんです。

       

       


      みなさん、何かを達成しようとして頑張ったとき、
      ちゃんと「くやしい!」って出ていますか?

       

       

      そう言われて考えてみると、
      私はあまり悔しがっていないときも多いなと思いました。

       

      (痩せたいけど痩せないな〜、まぁいっか。とか。
      「痩せない!くやしい!」なんて、全然思っていないかも^^;)

       

       

      この「くやしい!」という感情が出る人は、
      ちゃんとその後に繋げていけるのだそうです。

      だから、この次もチャレンジしていくし、
      達成するまで頑張れる。

       

       

      でも、私のダイエットのように、
      「くやしい!」がほとんど出ずに、
      「まぁいっか」となったりする人は要注意!!


      次にチャレンジしてもまた上手く行かなかったり、
      そもそも次のチャレンジもしなかったりすることが
      多いのだそう。

       


      ずっと、そのまま、ということです。

       

      その先に行かないんですね。

      というか、そもそも行く気もないかもしれません。

       

      くやしくないというのは、そういうことなんです。

       

       

       

      しかも、さらに厄介なことに、
      くやしくない人は、
      出来ないことを正当化する傾向にあります。

       

       

      時間がないから仕方ないんです。

       

      私に出来るなんて思うことが、そもそもの間違いでした。

       

      出来なくて当たり前なので。

       

       

      などなど。

       

       

      つい、言ってしまいたくなるような言葉ばかりのような
      気がしますが、みなさんは大丈夫ですか?

       

       

       


      先生は「正当化と肯定は違う」とはっきり言っていました。

       


      正当化とは、
      自分の言動などを正しいを見せかけたり、
      正しいとすること。


      肯定とは、その通りであると認めること。

       

       

      両者は似ているようで、全然違いますね。


      正当化は、自分自身や周りの人に対して、ごまかす感じで、
      肯定は、本当にそうなんだなと納得する感じ。

       


      出来なかった事を、出来なくても仕方ないんだとごまかすか、
      出来なかった事から学び、次のステップにしていくか。

       

      この位の違いがあるように思いました。

       

       

       

       

      これを書いていて、
      自分がどうして痩せないのか、
      よく分かったような気がしました(笑)


      ダイエットに成功したときは、
      確かに、そもそものやる気も違っていたし、
      トレーニングを休むと「これじゃダメなんだ!」という
      気持ちが出ていたことを思い出しました。

       

       

       

      「くやしい!」という気持ちは、
      どれだけその目標に対して
      「達成したい!」とか「絶対に達成するぞ!」という
      純粋動機が持てているかどうか、
      ということのバロメーター
      でもあるのだと思います。

       


      真剣に、心から、それを望んでいるかどうか。

       

      誰に何を言われようが、何が何でも絶対に!
      という強い信念を持てているかどうか。

       


      「くやしい!」が出るか出ないかで、
      この純粋動機の持ち方が分かるって、
      面白いなと思います。

       

       

       


      出来なかったときの「くやしい!」は、
      成長の原動力となります。

       


      逆に、これが出ないと成長しないとも言えるんです。

       

      なぜなら、そもそも純粋動機が持てていないから。

       

       

       


      何か達成出来なかったとき、
      ちゃんと「くやしい!」という気持ちになっているか、
      自分自身で確認してみると良いかもしれませんね。

       

       

      私も確認してみようと思います。

       

       

       

       

      みなさんも、この「くやしい!」というのを、
      一つのバロメーターとして、是非観てみてください。

       

       

       

       

       

      ここまでお読み頂きありがとうございました。

       

      それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

       

       

       

       


      IRMブラッシュアップ勉強会のお知らせ

       


      IRM開発者である幸田先生が、
      今、ご自身の使命として、
      みなさんに伝えたいと思っていることがギュギュッと詰まった、
      「人生のシナリオライター講座」ですが、

      次回はとうとうシナリオを書くパートになりますよ!

       

      なので、いつもの勉強会の流れとは、
      ちょっと違う感じになるかもしれません。

       

      ですが、面白さは変わりなしですよ!


      次回開催は11月18日(日)です。


      特別キャンペーンは大好評につき、継続です!

       

      11月4日(日)までのお申込みで、
      参加費が、なんと
      4000円になります!

       

      無料のメルマガにご登録頂ける方が対象です)

       


      詳細とお申込みはこちらです。

       


      この機会をお見逃しなく!

       

       

       

       

       

      posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      輝くような未来にするために、今何をすればいいのか?
      0


        みなさん、こんにちは。


        最近は毎回のようにブラッシュアップ勉強会で
        聞いたお話をシェアしている私です。

         


        もしかしたら、私の体験談の方が興味ある、
        なんて思ってくださっている方もいらっしゃるかもしれませんが、
        (もしいたら・・・本当にありがとうございます!)
        もう、断然面白いと思うのは先生のお話なので、
        ついこっちを書いてしまいます。

         

        (とは言っても、自分で気づいた事や体験談も書く予定です^^)

         

         

         

        10月21日(日)に開催された勉強会でも、
        とっても面白いお話が聞けました。

         

         

         

        先生はよく「言霊(ことだま)」と言って、
        言葉の音(読み方)を元に、
        違う漢字を当てはめて、言葉の意味をいろいろな角度から考える、
        ということをします。

         

         


        今回の言霊は、「未来=観来」です。

         

         

         

        どういう意味か分かりますか?

         

         


        以前にもちょこっとご紹介していたかもしれないのですが・・・

         


        これは、

         

        「みらい」とは「未だ来ていないもの」ではなく、
        「こういう観方をしたものが来る」

         

        という意味です。

         


        ちょっと表現を変えれば、
        今、現実に対してどのような観方をしているかで、
        未来がどういうものになるかが変わる、

        ということです。

         


        観方というのは「受け取り方」とも言い換えられます。

         


        今、この瞬間に起こっている出来事を観て、
        どういう風に受け取っているのか、
        受け取り方が大事だよ、というお話だったのですが・・・

         

         

        私はこの考え方は、すごくいいなと思いました!


        なぜかというと、
        このように考える事で、

        未来は「全然予測不可能なもの」ではなく、
        「今の受け取り方の延長線上に創られていくもの」

        となるから。

         


        コントロール不可能なものではなくて、
        自分でコントロール出来るものに変化する
        って、
        すごく希望が持てると思いませんか?

         

         

        私は「未来は、今の自分次第で、如何様にも創っていけるもの」と思えたら、
        すごくワクワクしてきました。

         

         

         


        ちょっと話は変わりますが、

        皆さんは「未来のヴィジョン」を持っていますか?

         

         

        キラキラとした希望に満ち溢れた未来・・・

         

        こんな望み通りの未来になったら最高ですよね。

         

         

         

        この「希望」という言葉にも言霊があります。

         

        それが「輝望」です。

         

        (希(まれ)な望みではなくて、輝く望みということです。)

         

         

        この輝く望み(輝望)を未来のヴィジョンとして、考えてみてください。

         


        どうでしょう?
        輝くような未来は想像できましたか?

         

         

         

        この、輝くような未来、輝く望みを考えながら、
        ちょっと現実を観てみると・・・

         


        まだ出来ていない、
        本当になれるのか分からない、などの、
        ネガティブな感情が出てきたりしませんか?

         

        それこそ、今がズーンと暗くなってしまうような。

         

         


        この暗い影のようなネガティブな感情って、
        望みがキラキラ輝いているほど、出やすいのだそうです。

         

        なぜなら、光があると必ず影が出来るものだから。

         

         


        光を求めれば求めるほど、
        影が出来る(ネガティブな感情・デトックスが出る)のは
        当たり前のことなんです。

         

        むしろ、影が濃くなるくらいの方がいいんです。

         

         

         

        この暗い「今」を感謝や感動に変換できたとき、
        「今」の観方も変わります。

         

        (影が濃いほどエネルギーが強いので、感謝や感動も強くなるんです)

         


        ネガティブな観方から、ポジティブな観方へと
        ガラッと変えるということは、
        「今」をポジティブに観ている(「今」を感謝や感動で観ている)
        になるということ。

         

         

         

        先ほど、未来=観来で、
        今現在をどのように観ているか、
        今の観方や受け取り方によって、
        その延長線上に未来が来ると言いました。

         


        なので、これらを総合すると・・・

         


        「今」を感謝や感動という観方に出来れば、
        未来も感謝や感動で満たされたものになる!

         

        のです。

         

         


        そして、この暗い影を感謝や感動に変えられる
        具体的な方法が感情学修です。

         

         

         


        因みに、「影」は「陰」とも書けます。

         

        影があったお陰様で、感情学修できて、感謝に変えられた。

         

        「影」が「お陰様」に変わるというのも、
        すごくいいなと思いました。

         

         

         


        未来を輝いたものにするには、今の観方が大事。

         

        今の観方がネガティブであったとしても、
        それは感情学修でプラスに変えられる。

         

         

         

         

        私はこのお話を聞いて、
        「今」の観方を常にプラスに出来るようにしたり、
        そもそもの受け取り方を磨いたりして、
        「今」をより良いものにしようと思いました^^

         

         


        みなさんはどのように感じましたか?

         


        もし何か参考になるところがあったら嬉しいなと思います。

         

         

         

         


        こういうお話をもっと聞いてみたい!と思ったら、
        是非ブラッシュアップ勉強会に来てみてください。

         


        次回の開催は11月18日(日)です。

         


        次はみんなが書いてきた
        人生のシナリオを聞くことができますよ!

         

        今までのフィードバックがあるので、
        それを参考にしてご自分で書かれてくると、
        さらに充実した時間になると思います。

         


        今ならキャンペーン中で、
        無料のメルマガに登録して頂いた方限定で、
        (既に登録されている方も大丈夫です)
        11月4日(日)までのお申し込みだと、
        参加費が4000円になります!!(早割適用で)

         


        詳細とお申し込みはこちらです。

         

         

        みなさんのお越しをお待ちしております。

         

         


        ここまでお読み頂きありがとうございました。

         

        それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

         

         

         

        posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        いろいろなものを結んで(つないで)この現実は創られる
        0


          みなさん、こんにちは。


          9月のブラッシュアップ勉強会で面白いなと思った
          幸田先生のお話をシェアしますね。

           

           


          「現実は自分が思考した結果」

           

          というお話は聞いたことがあるでしょうか?

           

           

          思考が現実化する、という言葉がありますが、
          それを、ちょっと表現を変えたような感じです。

           

           

           

          現実というのは、自分が意識したことの「結果」なんですよ、
          ということですが、

           

          この「結果」という言葉、「結ぶ」という字が入っていますよね。

           

           

           

          実は、私たちは、いろいろなものを結んで(つないで)、
          この現実を創っているんです。

           

           

          何を結んで(つないで)いるのかというと・・・

           

           

          例えば、洋服。
          これいいなと思った洋服を買ったとしたら、
          「洋服と自分をつないだ」ということ。

           

          誰かと友人になったとしたら、
          「他人と自分をつないだ」ということ。

           

           

          結ぶ(つなぐ)のは人やものだけではありません。

           

          感情や状況や感覚までも、「結ぶ(つなぐ)」と言えるんです。


          「感情をつなぐ」なんて、
          今まで考えた事もなかったので、かなり新鮮でした。

           

           

           

           

          しかも、この「感情をつなぐ」というのは、
          2段階になっているんです。

           


          例えば、「あの人に無視されているかも」という恐怖が出た場合。

           

          まず「他人と自分を恐怖でつないだ」という繋ぎがあります。

           

          そして、「その恐怖の出所と自分をつないだ」という繋ぎもある。

           

           


          「無視されているかも」という恐怖は、
          20年前のいじめの体験があったから出た、ということであれば、

           

          そのいじめられたという過去の記憶を、現在までつなげている、

           

          と考えられるんです。

           

           

           

          「無視されているかも」という恐怖は、自分がつなげているだけ。

           

          相手は、ただそういう風に見えるような行動を
          してくれただけであって、
          「自分がどうつなぐか」の違いで、
          出てくる感情は変わるということ。

           


          何に反応して恐怖が出たのか、
          その出所、出発点をつかむと、
          「自分がどうつないでいるのか」ということが分かります。

           

           

           

          これは感情学修で価値観を探るときにも、
          大きなヒントになる考え方だなと思いました。

           

          この出発点が、価値観を持つ
          きっかけとなった出来事である可能性が高いから。

           

          (過去のいじめの経験で生まれた価値観に反応して
          感情が出てきているとも言えますし)

           

           

           

           

          過去の記憶と、
          今現在、目の前で起こっている出来事を、どうつなぐか。

           

          (つなぐことで感情が出る
          →その感情次第で、現実の幸、不幸が決まる)

           


          他人と自分をどうつなぐか。

           

          (他人と、今出た感情でつなぐことで、関係性が変化する)

           

           


          そのつなぎ方一つで、現実が大きく変わるのだから、
          「現実は自分がつないで出来ている」し、
          「現実は100%自分が創造している」んだなと納得。

           

           

           

           

          先生は、「人間とは、間をつなぐ人」とも言っていました。

           

           

          他人と自分、状況と自分、感情や感覚と自分。

           

          いろいろなものの間をつないで、現実が創られていく。

           


          なるほどな〜と思いました。

           

           

           


          そして、この「つなぎ方」にも習慣があるのだそうです。

           

           


          こういう行動を観ると、ついクセでこうつないでしまうとか、
          これがあるからやっかいなんですよね。


          幸せになるようにつなげればいいけど、
          嫌な気持ちになるようなつなげ方のクセがあったら、
          現実としては「嫌なもの」になってしまいます。

           

           


          何とどうつなげるか、というのは、
          ほとんど無意識にしているものなので、
          意識的に「よし!今からこうつなぐぞ!」とはなかなか出来ません。

           

          (無意識だから、そもそもの「クセ」がどういうものかも、
          自分では分かっていないことがほとんどかもしれません)

           

           

           

           

          じゃあ、どうすることも出来ないのか、
          というと、そんなことはないんです。

           


          自分はどういうつなぎ方をしているのかな?
          と、考えてみるのもいいと思います。

           

          つなぎ方を意識するだけでも、少し変わるかもしれません。

           

           

           

           

          もっとしっかり分かるようになりたい、
          根本的に変わりたいと思うようであれば、

           

          ここが、IRMの出番、
          「人生のシナリオライター講座」の出番です。

           

           

           

          この「つなぎ方」のクセも、
          「人生のシナリオライター講座」で解決できると思うので、
          もし興味があったら、ぜひ勉強会に来てみてください。

           

           

           

           

          こういう、今までにない角度から
          物事を考えられるようになったりするのが、面白いなと感じます。

           


          IRMに出会ってから、もう何年も経っていますが、
          いまだに勉強会では、目からうろこの情報を
          得られるのがありがたいです。

           

           


          みなさんも、良かったら、
          この「ほ〜、なるほど〜」という感覚を体験してみてくださいね^^

           

           

           

           

           

          ブラッシュアップ勉強会の詳細とお申込みはこちらです。


          (10月21日(日)開催のお申し込みは締め切りました)


          今からお申し込みになる方は、
          11月18日(日)開催のご参加になります。

           

           

          「人生のシナリオライター講座」開設記念特別キャンペーン実施中!

           

          無料のメルマガにご登録頂いている方で、
          11月4日(日)までにお申込み頂くと、

          通常価格の3分の1、なんと4000円でご参加いただけます!!

           

          今から登録してくださる方も対象です。


          (メルマガ登録はこちらです)

           


          この機会をお見逃しなく!

           

           

           

          ここまでお読みいただきありがとうございました。

           

          それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

           

           

           

           

           

          posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          あなたの望みの解像度はどのくらいですか?
          0

             

            みなさん、こんにちは。

             

             

            突然ですがみなさん、

            「ああなりたい」「こうなりたい」とか

            「ああしたい」「こうしたい」という

            自分の願望を思い描いてみてください。

             

             

            出来ましたか?

             

             

             

            何でこんなことをしてもらったかと言うと、

             

            この思い描いた「ヴィジョン」の

            解像度(どれだけくっきりはっきりしているかの度合い)を

            確認してもらいたかったからです。

             

             

             

            どうでしょうか?

             

            かなり鮮明に、細かい部分までくっきりはっきりしてましたか?

             

            それとも、ちょっとボンヤリしていたでしょうか?

             

             

             

             

            このヴィジョンの確認で分かることは、

            大雑把に言うと、

            「自分の願望の叶いやすさ」です。

             

             

             

            実は、「ああなりたい」「こうなりたい」

            という願望は、魂から来ているんです。

             

             

            (信じてくださいということではありません。

            信じられない方は、

            そういう考えもあるのかと思って頂ければと思います)

             

             

             

            だから、魂から来ている望みをしっかりキャッチ出来ると、

            ものすごい解像度でクリアにヴィジョンが観えるんです。

             

            すごくクリアに観えたということは、

            それだけしっかり魂からのサインを

            キャッチ出来ている、ということになります。

             

             

            魂がどうなりたいと思っているのか、

            どういう望みを持っているのかということを、

            すごい解像度でキャッチ出来るほど、叶いやすいので、

            クリアに観えれば観えるほど、

            その望みは叶いやすいといえるんです。

             

             

             

            どんなに顕在意識で「こうなりたい!」と思っても、

            魂の望みと違ったりすると、残念ながら叶い難い。

             

            こういう場合は、

            クリアに観えているようでも、

            ヴィジョンが曖昧になったりしていることも多いと言います。

             

             

             

            叶わないようなことを望むよりも、

            出来れば、叶うことを望んだほうがいいですよね。

             

             

            自分の魂がどんなことを望んでいるのか、

            どんな体験をしたいと思っているのかが分かれば、

            話は早くなります。

             

             

            なぜなら、

            「叶うことを望めるようになるから」です。

             

             

             

            そもそも叶うことに対して、

            それを「自分の望み」と出来たら、

            こんなにいいことはないですよね。

             

             

            だから、魂の原作を読めるようになった方がいいんです。

             

             

            この「人生のシナリオライター講座」で、

            魂の原作を読めるようになる技術を学び、

            それにオリジナルの脚色をして、自分の人生のシナリオにする。

             

            そのシナリオの書き方まで学べてしまうんだから、

            もうワクワクしかないです、私は。

             

             

             

             

            魂の望みを知っても、自分がやりたいこと、

            自分が望むような事ではないなと思ったらどうするの??

             

            なんて思われる方もいるかもしれませんね。

             

             

            確かに、パッと見では、

            「魂の望みとは言っても、あんまりやりたくないな」

            と思ってしまうこともあるかもしれません。

             

             

            でも、それは本当に一瞬のこと。

             

             

            顕在意識で分かっていなかっただけで、

            そもそも、自分自身の魂はやりたいと思っていることであれば、

            それが見えたり分かったりした瞬間に、

            「あ〜!自分は本当はこれをやりたかったんだ!」と

            ものすごく納得できるというか、

            腑に落ちる感覚があるはず。

             

             

            まぁ、そもそも、

            魂の原作を読み解く過程で、

            いろいろな顕在意識の曇りは取れていくので、

            魂の望みが分かった瞬間に、

            「これだー!」となるようになっているんです。

             

             

            だから、「全然望まないような事だったらどうしよう」

            なんて心配はご無用です。

             

             

             

             

            う〜ん、伝わったでしょうか?

             

             

            伝わっても伝わらなくても、どっちでもいいです。

             

            (開き直り)

             

             

             

            私は「叶う事を望めるようになる」という所に

            すごく魅力を感じるし、ワクワクしてくるんです。

             

             

            みなさんはどうですか?

             

             

             

            こんな偉そうなことを書いていますが、

            私もまだまだ、魂の原作は読み切れていません。

             

            「叶う事を望める」ようにも、まだなっていません。

             

             

            だからこそ「人生のシナリオライター講座」を

            聞きに行くんです。

             

             

            これからそうなれるように、

            いろいろなヒントをもらいに、

            ブラッシュアップ勉強会に参加します。

             

             

            みなさんも、ここから望み通りの人生にするための

            ヒントをもらいに来ませんか?

             

             

             

             

            この次の回からでも大丈夫です!

             

             

            「人生のシナリオライター講座」を聞いて、

            是非、「叶うことを望める」ようになりましょう!

             

             

            もし分からない所があっても大丈夫です。

             

            ちゃんとフォローするシステムが揃っていますから、

            安心してご参加ください。

             

            (私もフォローしますよ^^)

             

             

             

             

             

            次回のブラッシュアップ勉強会は、

            10月21日(日)に開催です。

             

             

            今なら「人生のシナリオライター講座」

            開設記念特別キャンペーンにつき、

             

            無料のメルマガにご登録いただいた方限定で、

            参加費が通常の半額の6000円でご参加いただけます!

             

            (メルマガ登録は今からでも大丈夫です)

             

             

             

            お席も埋まってきていますので、

            気になる方はお早めにお申し込みくださいね。

             

             

            詳細とお申し込みはこちらです。

             

             

            (コメントに「間野智子のブログを見た」と

            書いていただけると嬉しいです)

             

             

             

            お申し込み期限は、10月17日(水)です。

             

             

             

            みなさんのお越しをお待ちしております!

             

             

             

             

             

            ここまでお読み頂きありがとうございました。

             

            それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

             

             

            posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            願望を叶えるための努力をする前に、やった方が良いこととは?
            0


              みなさん、こんにちは。

               


              前回は、私の
              「そういえば、IRMを始めてからこうなったな〜」という回想を
              ツラツラと書いてしまったので、
              当初書こうと思っていたことが書けないで終わっていました。

               

              (ほんの少しは最後の方に書けましたが)

               

               

              たまには自分自身の
              Before&After(IRMを始めてどうなったか)を
              じっくり感じてみるのも良いものですね。


              変化というのは、大きなものもあれば、
              小さくて気づきづらいものもあります。

               

              特に小さな変化が続いている時に、
              ちょっと振り返って、
              どのくらい変化したのかを確認すると、
              自分でもビックリするくらい変わっていたりして、
              結構面白いです。


              前回も、書きながら面白くなってしまって、
              止まらなくなったのでした(^^)

               

               


              それだけ、IRMで変化があるということなのですが、
              これは本当にやってみないと分からないですよね。

               

              まだ眉唾だったら、信じなくてもいいです(笑)


              「これは面白そうなメソッドだ!」と思うのも、
              「いや、胡散臭いな」と思うのも自由ですから。

               

              どのように思っていただいても大丈夫です。

               

               

               

              私は、
              IRMは本当に自分を変えられるメソッドだと思っています。

               

              やればやっただけちゃんと結果が出るので、
              やっていて面白いんですよね。

               

              だから、今まで続いています。

               

               

              ただ、これは私の個人的な思いです。

              みなさんは、みなさんが好きなようにIRMというものを
              感じて頂ければと思います。

               

               

               

               

              あっと!今回もまた長くなる所でした!

              すみません。つい^^;

               

               

               

              前回から書こうと思っていたことを、
              今回はちゃんと書きたいと思います。

               

               

               


              「ああしたい」「こうしたい」とか
              「ああなりたい」「こうなりたい」という願望は、
              きっと誰もが何かしら持っているんじゃないかなと思います。


              私も、たくさん願望はあります。

               

               

              その願望を叶えるにはどうしたらいいかと聞いたら、
              みなさんは、どう答えますか?

               


              いろいろな答えがあると思うのですが、
              以前の私だったら「ひたすら努力してみる」とか、
              「できそうなことから始めてみる」とか言いそうです。

               

               

               

              願望を叶えるために努力する!
              というのはその通りなのですが・・・

               

              実はその努力の前に、
              やっておいた方がいいことがあるんです。

               

               


              みなさんは、分かりますか?

               

               

               

              前回の人生のシナリオライター講座のお話に出てきたのですが。

               


              努力の前にやること、それは、

               

              「出発点を知ること」

               

              なんです。

               

               

               

              出発点というのは、現在の把握のことです。

               

              つまり、今の自分がどういう状態にあるのか、
              例えば、能力はどうなのか、どのくらい時間があるのか等、
              しっかり知ることが大事
              なんですね。

               

               

               

              どうして出発点(現在の状態)を知ることが大事なのかというと、

              「(知らないと)計画が立てられないから」です。

               

               

               

              これは、どこか旅行に行く時を考えてみると分かりやすいです。

               

              例えば、北海道に行こうと思った場合、
              まず考えるのは交通手段です。

               

              電車で行こうか、車で行こうか、飛行機で行こうか。

               

              何を使えば効率よく行けるのかは、
              まず出発点が分かっていないと、
              どうにも分からないですよね。

               

              今、東京にいるのか、青森にいるのか、福岡にいるのか。

              自分の現在地が分からないと、
              どういう方法で行けばいいのかが分かりません。

              というか、そもそもナビで検索もできません。

               

               

               

              自分の現在の状況をちゃんと把握すること。

               

              これが分からない限り、計画も立てられないんですね。

               


              分からない状態で計画を立ててしまうと、
              ものすごく無謀なものにしてしまう場合があります。

               

              「そんなんじゃ、誰が見たって叶えられないよ」
              というような計画になる可能性が高くなるんです。

               

              そうなると、計画通りにと思って、
              努力しても努力しても、全然目標には近づかず・・・

              なんてことも起きてしまうんですね。

               

               

              だから「現在の把握」は、とっても大事なんです。

               

               

               

               

              このお話を聞いて、パッと浮かんだのが、ダイエットのこと。

               

              (もっと大きな願望を例に挙げればいいのですが。
              小さくてすみません・・・)

               

               

               

              体重計に乗ったり、体脂肪率を測ったりしないと、

              何キロ落とせばいいのか、
              体脂肪率も何%落とさないと標準にならないのか、

              などが分かりません。


              痩せるには、
              ひたすら食事制限をすればいい、
              ひたすらジムに通えばいい、
              ということではありませんよね。


              どこをどう引き締めたいのか、
              どういう体型になりたいのか等も、

              今の自分の状態を知っておかないと、
              具体的なトレーニング方法も浮かびません。

               

               

              現在の自分を把握すれば、
              具体的な数値や、具体的なトレーニング方法が見えてくる。

               


              願望を叶えるためにやる事も、
              きっとこういうことなんだなと思いました。

               

               

               


              では、何が、今の自分と言えるのでしょうか?

               

              どうしたら、現在の自分自身を把握できるのでしょうか?

               

               


              それは、「セルフイメージを考える事」です。

               

               

              「私って、こんな人」「私はこれができる、これができない」
              といった、自分が持っている自分自身のイメージをつかむことです。

               

               


              この「セルフイメージ」をちゃんと掴めると
              何がいいかと言うと、

              じゃあ、今から何をすればいいのか、
              という所まで細かく計画を立てられるようになるんです。


              また、そうすることで、願望もグッと叶いやすくなる。

               

               

               

              そういえば私は、
              この「今の私はどんな状態なのか」という
              出発点を考えるのが、甘かったように思います。

               


              もちろん叶ってきた願望もたくさんあるので、
              無意識に出来ていたこともあったかもしれません。

               

              でも、意識的に考えて、
              細かい計画にまで落とし込んで・・・
              というのは、あまり出来ていなかったかも。

               


              だから、まだ叶っていない願望があるんだなと思いました。

               

               

              この部分が分かってきたので、
              早速、やってみたいと思います(^^)

               

               

               

               

              みなさんはいかがですか?

               

               

              もし、まだ叶っていない願望があるなら、
              まずは「出発点」を把握することを
              してみるといいかもしれませんよ。

               

               

               

               

               

              ここまでお読み頂きありがとうございました。

               

              それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

               

               

               

               

              IRMについてもっと知りたい方のために、
              いろいろと揃っていますよ。

               

              ブラッシュアップ勉強会個人セッション自分イキイキCafeなどなど。

               


              もし私と一緒に感情学修をしてみたい、
              もっと話を聞いてみたいという方は、
              私の無料ガイダンスもあります。

              ご希望の方は直接メールをお願いします。

               

              追ってこちらから日程等の調整のご連絡をいたします。

               

              vinefan05★yahoo.co.jp (★を@に変えて送ってください)

               

               

               

              次回のブラッシュアップ勉強会は、
              10月21日(日)です。


              今なら特別キャンペーンで
              無料のメルマガに登録して頂いている方に限り、
              参加費が半額の
              6000円になります。

              (今から登録して頂いても大丈夫です)

               

              10月7日(日)までのお申し込みなら、
              さらに割引の
              4000円に!!

               

              (コメントに「間野智子のブログを見た」と
              書いて頂けると嬉しいです)


              こんなに安いのは今だけですよ。

              この機会をお見逃しなく!


              詳細とお申し込みはこちらです。


              みなさんのお越しをお待ちしております^^

               

               

               

              posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              望めたら、既に半分は手に入れている
              0


                みなさん、こんにちは。

                 


                先日、とある方から
                「私にとってIRMやブラッシュアップ勉強会は、
                こんなに素晴らしい価値のあるものなんです!」

                ということをお伺いして、すごく感動したんです。

                 


                その方は既にIRMを学ばれている方でしたが、
                本当にIRMを始めてからイキイキワクワク生きられていて、
                「私は今、望み通りの生き方が出来ている!」と
                断言できてしまうくらいだということでした。

                 

                また、勉強会では、オープンセッションで
                初めて参加された方たちが先生とお話しされて、
                ハッと大事なことに気づかれたり、
                すごく喜んで帰られる姿を見るのが最高!とのこと。

                 

                 

                もっと他にもたくさん「価値」を伝えてくださったのですが、
                聞いていて、本当にその通りだなぁと思いました。

                 

                 

                 

                私もIRMを始めてから人生が劇的に変化した人の一人。


                変化してしまうと、その後の良い状態に慣れてしまって、
                以前がどんなに苦しかったのかを忘れてしまっています。

                 

                というか、以前の苦しさを思い出そうとしても
                リアルに
                「苦しかった!いや、今も苦しい!思い出したくない!」
                とならず、
                「苦しかったことは覚えているけど、
                どのくらいの苦しさだったんだっけ?」
                みたいに、

                思い出しても苦しさの大きさが分からなくなっているのは、
                IRMで根本から浄化できたからだと思います。

                 


                社長からあんなに虐げられていたことも、
                全然パートナーが出来なかったことも、
                人から好かれたいのに裏目に出て嫌われたりすることも、
                人と良い関係を築くために結構無理していたことも。

                 


                全部、全部、かなり苦しかったはずなのに、
                今では「そんなこともあったよね〜(笑)」と思えるし、
                むしろ、そのことがあったから、
                今こんなに幸せな状態になれたんだと思える。

                 

                嫌な出来事が嫌な思い出のままにならず、
                逆にありがたい出来事として記憶されるんです。

                 


                こんなことになるなんて、
                本当にIRMを知る前は全く想像もしていませんでした。

                 

                 

                 


                あ、こんなことを言っても、
                「なんだよ、いいことばっかり言って。信じられない。」
                なんて思われる方もいるかもしれませんね。


                そう思われるのも分かります。


                なんたって、この私が、
                最初はIRMを信用していませんでしたから(笑)

                 

                 

                 

                信用していなかったのに、何で始めたのかって?

                 


                それは、

                 

                どうにかならないかなと思っていたときに、
                ちょうど目の前にIRMが現れたから

                 

                です。

                 

                 

                 

                もともと、解決策なんて全く探してもいなかったのですが、
                (というか、自分でどうにか出来るなんて思ってもみなかったから)


                「もう、どうしたらいいのかわからない・・・」
                という時に、ポンと現れたのがIRM。

                 

                (現れたのではなく「知った」が正解です)

                 


                今「知った」ということは、何かご縁があるのかも、
                このタイミングを逃さないほうがいいんじゃないか

                と、思ったんです。

                 

                 


                受講にはお金もかかることですが・・・

                 

                たった数日間の海外旅行
                (正式にはオーロラ観測の旅)にはお金を出せるのに、
                人生が変わるかもしれないことに出せないって、何なの?自分!

                 

                人生が変わるかは分からないけど、
                オーロラだって見られるか分からないじゃない。

                 

                IRMをやってみてダメなら、
                オーロラが見られなかった海外旅行に行ったんだと思えばいい。

                 

                と思って、エイヤッと始めてみました。

                 

                 

                 

                結果、嫌なことがなくなっただけでなく、
                想像もしていなかったくらいの幸せな人生になっています^^

                 

                 

                本当に、こんなに成果が出るとは!

                 

                というか、マイナスがゼロになるだけだと思っていたのに。
                (それだけでも十分だったのですが)

                 

                プラスがこんなに増えるなんて、
                始める前は全然分かっていませんでした。

                 

                 


                今でこそ「自分がひろがる 好きがふえる」なんて
                キャッチコピーがありますが、
                あの頃はプラスが増えることはあまり宣伝していなかったので、
                知らなかったんですよね。

                 

                 

                ちょっと楽になればラッキーと思って始めたのに、
                楽になるどころか、人生に幸福感がものすごく増えました。

                 

                嬉しい誤算とはこのこと。

                 

                 

                 

                 

                IRMって「一度身につけたら一生もの」
                聞いてはいたのですが、
                実際にやってみて本当にその通りだと思います。

                 

                今では「受講料、安い!!いや、安すぎるぞ!!」
                なんて思うくらいです。

                 

                一年あたりに換算すると、受講料÷経過年数=・・・
                ですもんね。

                 

                 


                しかも、受講生と修了生は、
                ずーっとブラッシュアップ勉強会の参加費が無料!

                 

                1回12000円の勉強会ですよ!?

                 

                毎回ものすごく収穫のあるお話ですよ!?

                 

                こんな大盤振る舞い、いいのか!?なんて思います。

                 

                (この辺の金銭的なお話は、あくまでも私個人の感覚です)

                 

                 

                 

                 


                ハッ!!!

                 

                 

                私、気づいたら、こんなに書いちゃってました・・・

                 

                今日お伝えしようと思っていたことが、書ききれない^^;

                 

                 

                 

                 

                じゃあ、ちょこっとだけ。

                 


                先日の勉強会で先生はこんなことを言っていました。

                 

                 

                「全く出来ないことは、そもそも望めない。
                望めたということは、
                それだけで半分は手に入れているようなもの。
                残り半分は努力です。」

                 

                 

                どうですか?

                 

                これを聞いて、希望が持てたのは私だけじゃないはず。

                 

                 

                 

                「人生を変えたい!」と思えたなら、
                実はそれは実現可能だということ。

                 


                個人的な意見ではありますが、
                人生を変えたくて、運よくIRMを知ったあなたなら、
                「残り半分の努力」の何割かは、
                エイヤッ!と飛び込む勇気なんじゃないかなと思います。

                 

                (残りの何割かは、実践していく努力です)

                 

                 

                 

                 

                 

                IRMについてもっと知りたい方のために、
                いろいろと揃っていますよ。

                 

                ブラッシュアップ勉強会個人セッション自分イキイキCafeなどなど。

                 


                もし私と一緒に感情学修をしてみたい、
                もっと話を聞いてみたいという方は、
                私の無料ガイダンスもあります。

                 

                ご希望の方は直接メールをお願いします。

                追ってこちらから日程等の調整のご連絡をいたします。

                 

                vinefan05★yahoo.co.jp (★を@に変えて送ってください)

                 

                 

                 

                 

                次回のブラッシュアップ勉強会は、
                10月21日(日)です。


                今なら特別キャンペーンで
                無料のメルマガに登録して頂いている方に限り、
                参加費が半額の
                6000円になります。

                 

                (今から登録して頂いても大丈夫です)

                 

                10月7日(日)までのお申し込みなら、
                さらに割引の
                4000円に!!

                 

                (コメントに「間野智子のブログを見た」と
                書いて頂けると嬉しいです)

                 


                こんなに安いのは今だけですよ。

                 

                この機会をお見逃しなく!

                 


                詳細とお申し込みはこちらです。

                 


                みなさんのお越しをお待ちしております^^

                 

                 

                 


                ここまでお読み頂きありがとうございました。

                 

                それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

                 

                 

                posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                IRMは数学やスポーツと同じです
                0


                  みなさん、こんにちは。

                   

                   

                  突然ですが、みなさんが
                  IRMに持っているイメージってどんな感じですか?

                   


                  考える事がたくさんで難しそう?

                   

                  こういうのはどこにでもあるメソッドだから、
                  他のとあまり変わらないでしょ、とか?

                   


                  たぶん、人それぞれ違う答えが出てくるんじゃないかなと思います。

                   

                   

                   

                  もちろん、どんなイメージを持っていてもいいんです。

                  そこを強制するわけではありません。

                   

                  ましてや「IRMはすごいって思え!」なんて、
                  そんなことを言うつもりも全くありません。

                   

                   

                   

                  何でこんなことを聞いたかというと、
                  「私の」IRMに対するイメージや、
                  IRMの好きなところを考えていて、
                  折角だから、みなさんにも
                  ちょっと知って頂きたいなと思ったからなんです。

                   

                   

                   

                   

                  私が数年間IRMをやっていて持ったイメージは、


                  「数学」や「スポーツ」と同じだな、ということです。

                   


                  IRMって感情を扱うものだよね?

                  何でそれが「数学」や「スポーツ」なの?

                  なんて思われた方もいらっしゃると思います。

                   

                   

                  IRMは「体験の本質を読み解くメソッド」です。

                   

                  具体的には、出てきたネガティブな感情を入り口に、
                  感情学修という方法を使って、
                  何でこんな体験をしたのかを読み解いていく、
                  ということをしていきます。

                   

                  そして読み解けたときには、
                  「この体験は魂が本当に望んでいたことだったんだ!」
                  「ちゃんとこういう意味があって起こっていたんだ!」と
                  納得できるようになります。

                   


                  これだけを考えると、
                  「考えたり」「書き出したり」する作業があったり、
                  知識があればあるほど早く読み解けそうな感じがしたりするので、
                  パッと見で、「文系」の人の方が向いているような感じもします。

                   

                  もちろん、そういう側面もあるのですが、
                  感情学修には「型」があるため、
                  それに当てはめて解いていく、というのは、
                  私にとっては数学の公式にすごく近い感覚があるんです。

                   


                  IRMでは「感情」は「価値観」に反応して出てくると言っています。

                   

                  だから、感情をさかのぼると価値観が見つかる。

                   

                  「価値観×出来事=感情」だから「感情÷出来事=価値観」みたいな感じ。

                   


                  それを、感情学修という公式に当てはめて考えていくと、
                  「体験の意味」という解が出る。

                   

                  私にとってIRMはそんなイメージなんです。

                   

                   

                   

                  どんな出来事のどんな感情でも、必ず解は出る。

                  どんな人でも、型に当てはめれば出来る。


                  この、誰にでも再現可能な所が数学っぽいなと思っています。

                   

                   

                   

                   

                  そして、なぜIRMは「スポーツ」なのか?

                  ということですが・・・

                   

                   

                  それは

                   

                  「やればやるほど上達する」から、

                   

                  そして

                   

                  「先生(コーチ)を付けた方が上達が早い」から。

                   

                   


                  感情学修のように「考えるもの」がスポーツだなんて、
                  全然繋がらないようにも思えるかもしれませんが、
                  これが本当にすごく良く繋がるんですよ。

                   


                  「考えるもの」だと、
                  とにかく知識が必要だと感じたり、
                  一人でやるものと思うかもしれません。

                   

                  実際に感情学修は一人でやるものではあるのですが、
                  一人で出来るようになるためには、
                  ある程度の「技術」が必要です。

                   

                   

                  そう、感情学修は「技術」なんです。

                   

                   

                   

                  例えば、「テニスをやろう」と思ったとき、
                  初心者だったら、テニスをやった事がある人だったり、
                  スクールに入ったりして、
                  誰かから「指導」を受けますよね。

                   

                   

                  それは、ボールの打ち方やサーブの仕方などの
                  「技術」を身につけないと打てないから、ではないでしょうか。

                   

                  もし経験者でも、もっとサーブが上手になりたいな、
                  もっと良いコースを狙って打てるようになりたいな、
                  なんて思ったら、
                  サーブのコツやコース取りのコツを教えてもらって、
                  その「技術」を磨いていくと思います。

                   

                   

                  そして、実際に出来るようになるには、
                  ただ教わっただけではなくて、
                  その習った「技術」が使えるようになるまで、
                  ひたすら動く(練習する)ことが必要ですよね。

                   

                   

                   

                  ちょっと話しは逸れますが、
                  最近だと、大坂なおみ選手が、
                  コーチを変えたらグングン上達して、
                  全米オープンで優勝までしてしまうという
                  快挙を達成しましたよね。

                   

                  あんなにテニスが上手な人でも、
                  コーチが付くと、もっと上達するんです。

                   

                  しかも、コーチが変わったらメンタルも強化された!
                  なんて所も、IRMに似ているな〜なんて思いました。

                   

                   

                   

                  IRMの感情学修もこれと同じで、
                  上達するには、
                  とにかくひたすら感情学修をすることが重要だし、
                  上達のコツをつかむには、
                  先生(コーチ)を付けるとすごく早いんです。

                   

                   

                   

                  そして、テニスの場合、
                  初心者なら初心者なりの「いいショット」が打てたらすごく嬉しいし、
                  上級者なら大坂選手のサーブのリターンが出来た、なんて相当嬉しい。

                  その時の自分のレベルに合わせた「達成感」がありますよね。


                  IRMも同じで、感情学修に慣れていない方でも、
                  感情学修が上手になった方でも、
                  その時のレベルに合わせた「浄化感(スッキリ感)」があるんです。

                   


                  この「浄化感」を一度味わうと、やみつきなんですよね。

                   

                  またこのスッキリ感を味わいたい!って思ってしまいます^^

                   

                   

                   

                  また、テニスが上手くなりたいときに、
                  「上達のコツ」なんて本を読んでも、
                  それを実際に動いて身につけないと上手くなりませんよね?

                   

                  これもまたIRMも同じで、
                  どんなに「知識」を入れても、
                  実際に感情学修をやらないと上手にならないんです。

                   

                   

                   

                  残念ながら、
                  テニスが上手になるための本のように、
                  感情学修が上達するコツの本や知識は売っていません。

                   

                  コツが手に入るのは、先生とのセッションの時がほとんど。

                   

                  勉強会でもコツが分かったりしますが、
                  「自分に足りない技術を補うためのコツ」は、
                  やっぱりセッションでしか得られないんですよね。

                   


                  だから、先生(コーチ)を付けると
                  IRMも早く上達するんですね。

                   

                   

                   


                  いろいろ言い過ぎて長くなってしまいましたが、
                  要は「動いちゃったもん勝ち!」です。


                  やってみたいな〜と思ったら、
                  とにかく始めてみる!

                   

                  頭で考えているより、
                  行動してしまった方が早く身に付くよ!

                  ということ。

                   

                   

                   


                  当てはめれば出来る!

                  やればやるほど上達する!

                  先生を付けたら上達が早い!

                   

                   

                  こういう、
                  分かりやすい所が、私は好きなんだな〜と、思いました。

                   

                   

                   


                  みなさんも、もしちょっとでもIRMが気になるなら、
                  「動いちゃったもん勝ち!」です。

                   


                  エイッ!と飛び込んでみてください。

                   

                  きっと、想像もしていなかったような嬉しいことになると思います。

                   

                   

                   

                   

                   

                  ここまでお読み頂きありがとうございました。

                   

                  それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

                   

                   

                   


                  今回はシェアできませんでしたが、
                  「人生のシナリオライター講座」も2回目が開催されました!

                   

                  2回目のお話もとっても面白くて、
                  なるほど〜と思うことだらけでした。

                   

                  次回以降で、またお話のシェアが出来たらと思っていますが、
                  やっぱりライブだと情報量が違います。


                  少しでも気になる方は、
                  こちらもエイッと動いて、参加してみちゃってください!


                  絶対に損はしませんよ。

                   

                  その証拠がこちら

                   

                   

                  次回開催は、10月21日(日)です。


                  「人生のシナリオライター講座」キャンペーンで、
                  今なら参加費がいつもの3分の1で受けられます。

                  (なんと4000円です!)

                   

                  4000円で参加するには、
                  10月7日(日)までにお申し込みくださいね。


                  無料のメルマガ登録をして頂いた方に限ります。

                  コメントに「間野智子のブログを見た」と
                  書いて頂いても4000円になります。

                   


                  詳細とお申し込みはこちらです。

                   

                   

                  みなさんのご参加をお待ちしております^^

                   

                   

                   

                   

                   

                  posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  人生の質は上げられるのか?
                  0


                    みなさん、こんにちは。


                    最近は、前回から始まった幸田先生の
                    「人生のシナリオライター講座」のお話を
                    振り返って考えてみる、ということをしています。

                     

                    ちょっとでも生活に活かしていけたらいいなと思って。

                    で、私なりに気づいた事などをお伝えしようと思います。

                     

                    (気づいた事、なんて書きましたが、
                    結局は先生のお話のシェアのようになるかもしれません。
                    ということは、いつも通りな感じですね(笑))

                     

                     

                     


                    「人生のシナリオライター講座」の中で、
                    最初にこんな質問をされました。

                     


                    ●あなたは人生の、
                    作・演出・主演・配役をしている自覚は
                    何%ありますか?


                    ●生まれてきた理由を考えた事はありますか?

                     

                     

                    みなさんはこれを聞いて、なんと答えるでしょうか?

                     

                    かなり人それぞれの答えになると思います。

                    実際に参加していた方たちの答えも様々でした。

                     

                     

                    様々あっていい、答えは自分で見つけるもの、という前提で、
                    「生まれてきた理由」について、
                    先生なりに出した答えを教えてくれました。


                    先生の答えは、

                     

                    人生の作・演出・主演・配役をしている自覚と
                    望む人生を自由に生ききるため


                    なんだそうです。

                     


                    みなさんは、どう感じましたか?

                     

                    私は「自由に生ききる」って、いいな〜と思いました。

                     

                    「自由」って憧れます。

                     

                     

                    「憧れ」なんて書いてしまいましたが、
                    本来、私たちは全員「自由」に生きているんです。

                     

                    自由に生きている結果が、この、今の現実なんです。

                     

                     

                    でも「自由」を感じて生きている人って、
                    多分少ないんじゃないかなと思います。

                     

                    私もIRMを始める前は、不自由を感じていました。

                    というか、今でもデトックスが出るたびに感じます。

                     

                     

                     

                    なんで本来「自由」のはずなのに、そう思えないのか?

                     

                    それは、「自由」という言葉の定義(意味づけ、イメージ)によります。

                     

                     

                    例えばですが、私が以前持っていた「自由」のイメージは、
                    私が「こうしたい」と言ったら、
                    誰も反対せずに「いいよ、そうしな〜」なんて言ってくれて、
                    自分の好きな道に進める、といった感じ。

                     


                    みなさんはどうでしょうか?

                     


                    反対されずに自分が決めた通りに行くと「自由」で、
                    誰かに反対されて自分の決めた通りに行かないと「不自由」、
                    そんな感覚、ないでしょうか?

                     


                    IRMでは、これとはちょっと違った意味で考えます。

                     

                    IRMで言っている「自由」という視点で考えると、

                    誰かに反対されて、自分の決めた通りに行かない時でも、
                    「自分の決めた通りにしない選択を、自分で決めて、そうした」
                    となるんです。

                     

                    決めた通りにしない、という選択肢を選んだのは100%自分。

                     

                    100%自分で決めているから、100%自由なんだよ、
                    ということになります。

                     

                     

                     

                    何それ、変なの。揚げ足を取るみたいで嫌だな。

                     

                    なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
                    今の話を「そうなのか」と受け取るのも、
                    「なんか嫌。ムカつく」と受け取るのも、
                    自分の自由なんです。

                     

                    また、イライラしちゃうかもしれませんが^^;

                     

                     

                     

                    誰に、どんなことを言われても、
                    それを受け入れるか、拒否するかは、
                    自分が自由に決められること。

                     

                    そうやって考えていくと、
                    周りがどうこう関係なく、
                    全てのことを自分で決めていることになります。

                     

                    だから「100%自由」とIRMでは言っているんですね。

                     

                     

                    「100%自由」は「100%情報の受け取り方は自由」とも言えます。

                     


                    目の前の出来事に対して、
                    プラスに受け取るか、マイナスに受け取るかは、
                    全部自分で決められる、全部自分の自由になっています。


                    全部自由なんだけど、
                    「どう受け取るか」なんて瞬間的にやっていることだから、
                    意識的に「よ〜し!今から全部ポジティブに受け取るぞ!」と思っても、
                    デトックスが出てしまうと、そうは思えなくなることがほとんど。

                     

                     


                    自由なのに、自由と思えなくなったり、
                    ネガティブな受け取り方をしてしまう原因はちゃんとあります。

                     

                    それが「価値観」なんです。

                     

                     

                    自分が持っている価値観は、
                    自分で分かっているものもあれば、
                    全く気づいていないものもたくさんあります。

                     

                    気づいていないのは、それが潜在意識にあるから。

                     

                    意識しようとしても、出来ない部分に存在している。

                    だからちょっとやっかい。

                     


                    やっかいだけど、技術さえあれば大丈夫で、
                    その技術はIRMで習得できます。

                     

                    それが、感情学修です。

                     

                     

                     

                    おっと、だんだん話しが逸れてきてしまいました^^;

                    話を戻しますね。

                     

                     

                     

                    先生は


                    「人生の質は、100%情報の受け取り方で決まる!!」


                    と断言していました。

                     


                    さっきも出てきたように、
                    「情報の受け取り方」は100%自分の自由です。

                     

                    だから、人生の質は100%自分で決められるんです。

                     

                     

                     

                    人生の質が、自分でコントロール可能なものだと知っていて、
                    そうする技術さえあれば、
                    誰にでも望むような人生に出来るということ。


                    誰かに何かをしてもらわなくていいし、
                    特殊な能力も必要ないんです。

                     


                    自分の人生の質は、自分で自由に決められる。

                     


                    だからこそ「人生のシナリオライター講座」で、
                    その方法を知って、活かして頂きたいなと思います。

                     

                     

                     

                     

                    みなさんも一緒に学びませんか?^^

                     

                    初めての方も大歓迎ですよ!

                     

                     

                    分からない所があったら、
                    認定インストラクターやエキスパートガイドが
                    優しくフォローしますので、安心してご参加ください。

                     

                    もちろん、私もサポートいたします。

                     

                     

                    9月のブラッシュアップ勉強会は締め切りました。

                    たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

                     

                     

                    今からのお申し込みは、10月21日(日)開催分になります。


                    詳細とお申し込みはこちら

                     


                    今なら「人生のシナリオライター講座」キャンペーン中につき、
                    10月7日(日)までのお申し込みで、
                    参加費が4000円になります!!

                     

                    (無料のメルマガに登録して頂いた方が対象です)

                     

                    「間野智子のブログを見た」というコメントでも
                    4000円にさせて頂きます。

                     


                    いつもよりおトクなこの機会をお見逃しなく!

                     

                     

                     

                     

                    ここまでお読み頂きありがとうございました。

                     

                    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

                     

                     

                    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    人生は全て自分次第、自由なものである
                    0


                      みなさん、こんにちは。

                       

                      大型台風が来たり、大きな地震があったり、
                      全国各地で大変な状況になっていますが、
                      みなさんは大丈夫でしょうか?

                       

                      被害に遭われた方やその周りの方たちが、
                      一日も早く穏やかな日常に戻れる事をお祈りしています。

                       

                       

                       


                      突然ですが、みなさんは
                      「日常のちょっとしたモヤモヤ」をどうしていますか?

                       


                      そんなの忘れるに限る、
                      好きな事をしたり、好きなものを食べたりしてリフレッシュ、
                      いろいろ方法はあるかと思います。

                       


                      私は大きなデトックス(嫌な感情が出た)なら感情学修、
                      ちょっとした忘れられるくらいのものは流して、
                      気にしないようにしてみる、
                      ということをしていました。

                       

                      (基本的にデトックスは感情学修した方が良いのですが、
                      全部やっていたら大変なので、ある程度大きなデトックスだけ
                      選んでやるという感じで大丈夫です)

                       

                       

                      それが、最近このちょっとしたモヤモヤが続いたんです。

                       

                      一つ一つは小さくても、それが重なっていくと、
                      だんだん「気にしない」が出来なくなってきました。

                       


                      具体的には、母とのやり取りで、
                      「夕飯の献立、たまにはあなたが決めてよ」と言われることです。

                       

                      (恥ずかしいくらいに小さい!!笑)

                       

                      私としては「じゃあ、これは?」と挙げた時に、
                      「え〜、それ?」と、気分じゃないのよねみたいな返事が来たので、
                      「それなら私が決める事ないじゃん」と思って、
                      それ以降「何でもいいよ」になっていったのでした。

                       

                      でも「何でもいいよ」になったらなったで、
                      決める気が全くないと思われて、またグチグチ・・・

                       


                      「仕事して疲れて帰ってきてるの、分かってるのかな?」
                      なんて不満に思うことも増え、
                      それが重なっていくと、いつしか不満も怒りのような感じに。

                       

                      小さなモヤモヤも溜まってくると、
                      ワンランクアップしたデトックスとなるのですね。

                       

                      おかげさまで(?)立派なデトックスになったので、
                      感情学修をすることにしました。

                       

                       


                      文句を言われることに対しての不満と、
                      仕事での疲れを理解してもらえていない不満があったのですが、
                      鏡として観た時に気づいたんです。

                       

                      あ、私が文句を言っているし、
                      私が母を理解していなかったなって。

                       


                      夕食の献立のことでは、
                      文句を言っている母に対して私がまた文句を言っていた。

                       

                      仕事での疲れを理解してもらえていないと思っていたけど、
                      私こそ母に対して
                      「毎日家にいるんだから疲れないよね」なんて思って、
                      毎日家事などで忙しくしていることへの理解が
                      全くなかったんです。

                       


                      自分が文句を言ったり、
                      相手の頑張りや疲れを理解しないでいるのに、
                      相手には文句も言わせたくない、
                      疲れは理解しろって、本当に傲慢だったと気づきました。

                       


                      そして、与えたものが還ってくるというのも、
                      また腑に落ちたし、
                      自分がこの現実を創っているんだということも、
                      また実感することが出来ました。

                       

                       

                       

                      「人生のシナリオライター講座」の中で先生は、


                      人生をポジティブバージョンにするのも、
                      ネガティブバージョンにするのも、全部自分次第。

                       

                      人生は自由に変えられる!


                      と言っていたのですが、本当にその通りだなと、
                      感情学修を通して改めて思えました。

                       

                       

                       

                      自分の観方、受け取り方次第で、
                      出来事は変わらなくても、
                      感じ方はいくらでも変えられます。

                       


                      今、すごく人生充実している!いい感じ!
                      にも出来るし、

                      今、人生最悪!本当にどうなっているの?
                      とも出来る。

                       

                      それも全ては自分次第なんですよね。

                       

                       

                      一瞬、ネガティブバージョンの人生になったとしても、
                      感情学修をすれば、必ずポジティブバージョンに直せます。


                      先生は、ネガティブなものを否定することもないと言っていました。


                      ネガティブは、出てもいいんです。

                       

                      出た後でどうするか、なんです。

                       

                       

                       

                      一度きりの人生なんですから、
                      思う存分、楽しみたいと思いませんか?

                       

                      それも、今がネガティブでもポジティブでも関係なく。

                       

                      どちらも楽しむ!

                      (私は楽しみたいです^^)

                       

                       

                      ただ、ネガティブも楽しめるようになるには、
                      ちょっとコツがいります。

                       

                      そのコツも「人生のシナリオライター講座」で
                      教えてもらっちゃいましょう!

                       

                       

                       


                      次回のブラッシュアップ勉強会は9月16日(日)です。


                      自分が望むような楽しい人生にするための、
                      大いに役立つ情報が満載ですよ!


                      「人生のシナリオライター講座」は第2回になりますが、
                      途中から聞いても大丈夫な内容となっています。

                      安心してご参加くださいね。


                      なお、今ならキャンペーン中で、
                      メルマガ(無料)に登録してくださっている方は、
                      通常価格の半額、6000円でご参加いただけます。

                      「間野智子のブログを見た」というコメントもお忘れなく。


                      詳細とお申し込みはこちらです。


                      お申し込みの締め切りは9月12日(水)です。


                      みなさんのお越しをお待ちしております^^

                       

                       

                       

                       

                      ここまでお読み頂きありがとうございました。

                       

                      それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

                       

                       

                       

                       

                      posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |