PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
浄化できたかは現実が教えてくれる その2
0

    みなさん、こんにちは。

    今日は前回の続きです。


    もうある程度浄化出来たと思ったし、
    これでもうクレームは来なくなるかなと思ったのに、
    また次の日にクレームの電話が来てしまったんです。
     
    正直ショックでした。
    あの自己観察は違ってたんだ・・・
    まだ浄化しきれてなかったんだ・・・と。
     

    なので、また考えました。
     
    何がそんなに嫌なんだろうって。

    いろいろ考えて、今後繋がりを持たなくても良い人に、
    自分の時間が取られることが嫌なんだと気づきました。
     
    クレームの激しい人はもう薬局に来なくても構わない、
    来なくても構わない人への対応は何も価値がない、
    価値がない事に自分の貴重な時間を奪われるなんて嫌、
    その時間でもっといろいろなことが出来るのに。

    (私の中はこんなに真っ黒なんです(笑))
     
    それに、謝っているのにいつまでも許さないことにムカついていました。
    謝ってるんだから、いい加減におさまってよって。
     
    「価値のないことに時間を奪われてはいけない」
    「一度の謝罪で必ず許すべきだ」

    こういった価値観が出て来ました。
     
    私は、女性の存在を価値がないと見なしていたんだと気づきました。

    相手の人の価値がないだなんて、本当に失礼ですね^^;

    でも、こうやってガツンと来るというのも、
    自分にとっては大事なんですよね。
    強すぎる表現でやっと自覚できるから。


    価値観を見つけたので、ここからまた検証していきます。

    まず、クレームの対応って価値がないことなのかな?
    と考えてみました。

    全然そんなことないですよね。
    クレームがあるからこそ今後の対応をより良くすることが出来るし、
    同じようなことで怒らせてしまう患者さんを減らすことが出来る。

    クレームを言われないままだったら改善のしようがないけど、
    言われたから改善ポイントがはっきり分かるんですよね。

    クレームって自分をレベルアップさせるためのものだと思ったら、
    すごくありがたいことだなと思えました。
     

    それに、時間を奪われるという感覚。

    与えてもらった分だけなら自分も与えられるけど、
    何も与えてくれないなら私も与えたくない、
    私のエネルギーばかり使いたくない。

    そういう意識があったんだと気づきました。

    私が心地よくなるようなことだけを
    「与えてもらっているもの」と思っていたんですね。

    私を心地よくさせてくれないなら、
    あなたは私に何も与えてくれてないわよ!

    そんな傲慢な気持ちがあったんですね。

    周りから与えられていることはたくさんあるのに、
    私はその与えられていることを
    受け取る感性が養われていないだけなんだなと思いました。

    与えたものが還ってくるのなら、
    私のエネルギーをたくさん与えた方が、
    たくさんエネルギーが還ってくることになります。

    奪われたくない、やりたくない、といってエネルギーを使わない事は、
    それだけ入ってくるエネルギーも少なくなるということ。

    時間を奪われるという感覚をもっていると、
    いつか相手も私に時間を使ってくれない
    ということが還って来ることでしょう。

    今気づけて本当に良かったなと思いました。

     
    私は彼女のことを嫌な人だと決めつけ、
    価値がない人だと決めつけ、
    本当に失礼だったなと思いました。

    こんなにエネルギーを使って
    私を磨いてくれていたんだなと思うと、感謝の気持ちが湧いてきました。

    こうやって価値を受け取る感性を養ってくれているんですね。
     
     
    それと、もう一つ。

    一度の謝罪で許さないとき、自分にもあります。

    でも相手には1回で十分でしょ、もう許してよね。
    許さないと怒るよ!

    って、思っていたということ。

    こんなの全然正しくないし、
    正直、出てきたときに「何これ?」という感じでした(笑)

    この価値観を持っているからデトックスが出るなら、
    もういらないなと心から思いました。


    いろいろ考えてスッキリしだした頃、
    今度は違う角度で彼女を観てみようと思い、気づいたんです。

    誰に何を言われても、何が何でも絶対にクレームを続けるって、
    純粋動機で行動できているってことなんですよね。
     
    この、純粋動機で動けていること。

    これは本当にすごいと思ったんです。
     
    これだけ謝られたら、どこかで「もういいか」になりそうなものなのに、
    どれだけ謝られてもクレームを止めない。
    自分が満足するまでやり続ける、諦めない。
     
    このエネルギーの掛け方は、方向性は全然違うけど、
    見習いたいところだなと思いました。
     
    でも、これも鏡だから、
    彼女が純粋動機で行動し続けられているということは、
    私にもそれが出来るタネはあるということ。
     
    これだけ力強くまっすぐにエネルギーを掛け続けられることが、
    私にも出来るんだと思ったら、なんだか嬉しくなってきました。


    自己観察のおかげで、またスッキリできたし、
    本当にいろいろなことを教えてもらえたなと思いました。

    現時点では、浄化できたな〜という感覚です。



    その後しばらく、クレームをしてきた女性からの電話は来ませんでした。

    もう来なくなったのかもしれないな〜
    と思っていた矢先、例の女性から電話が!

    でも、今度は全然内容が違いました。

    「あなたとケンカはしたくないの。これからも薬をお願いしたいから。」
    という和解(?)の電話だったんです。

    もう、別人でした。
    あんなにガミガミ言っていた人だったのに。

    こんなに変わるの!?というくらいでビックリしました。

    本当に現実って変わるものなんですね。

    今までも何度も自己観察で変わっているので、
    分かってはいるんですが(笑)

    本当に変わる体験をすると、何度でも感動してしまいます^^



    みなさんも「こんなに変わるものなの!?」
    という体験をしてみませんか?

    自己観察について、何かご質問があればお気軽にメールくださいね。

    vinefan05@yahoo.co.jp



    ここまでお読み頂きありがとうございました。

    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。


     
    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 00:35 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 00:35 | - | - | - |
      感動しました!

      浄化でとどまらず、創造的自己観察までもっていって、ハッピークリエイトしてるところが、
      さすが間野さん!と思いました。

      間野さんの存在は、本当にかけがえのない財産だと、これを読んで改めて思いました!

      本当にありがとうございました!!


      | 上野聡一朗 | 2015/06/19 1:31 PM |
      上野さん

      そんな風に思ってくださって、本当にありがとうございます!

      自己観察で浄化することの気持ち良さは最高ですが、
      最近は創造的自己観察の面白さにもはまっているんです^^

      なので、無意識にやっていたみたいです(笑)

      「かけがえのない財産」だなんて、ありがとうございます。

      本当に一人一人がかけがえのない財産だなって思います。

      IRMを知る前は、自分の好きな人に対してだけ、そう思うことが出来ましたが、
      IRMを知った今では、嫌だと思う人も含めた全員に対してそう思えるようになりました。

      これもIRMで感性が磨かれてきたからかな?
      なんて思っています^^

      コメント嬉しかったです♪
      ありがとうございました!

      | 間野智子 | 2015/06/20 1:46 AM |









      この記事のトラックバックURL
      http://sptomo.jugem.jp/trackback/134
      トラックバック