PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「天才」という言葉から考える
0


    みなさん、こんにちは。


    前回、初めに梅雨のお話をしましたが、
    とうとう関東は梅雨入りしましたね。

     

    水不足にならないように、
    梅雨にはしっかり雨が降ることを願います^^

     

     

     

    さて、今回は先日6月4日に開催された1DAYスクールから、
    最新の「天才道」のお話をシェアしたいと思います。

     

     


    今回のテーマは「無限なる天才」でした。

     


    無限なる天才・・・これ、私たち全員のことですよ。

     

    今はまだ信じられない方もたくさんいるかと思いますが、
    本当の本当は、誰もが無限なる天才であると言えるんです。

     


    多分、これを聞いて、そうは思えないよ、という方は、
    「無限なる」を信じられないか、
    「天才」を信じられないか、
    その両方か、
    という感じなのではないでしょうか。

     


    そもそも「天才」って何なのか、という所から考えると、
    みなさんが考える「天才」と、IRMで考えている「天才」に
    ちょっと違いがあるのかもしれません。

     

    このお話は、以前にも記事にしているので、
    覚えている方もいるかも!?
    (そんな方がいたら、かなり嬉しいです^^)

     

    ちなみに、天才の概念について書いた記事はこちらです。

     


    天才道で言っている「天才」は、
    「天職のための才能」なんだよということも、何度かお伝えしています。


    で、今回は今までに出てきた「天才」という概念とは
    また少し違う角度で「天才」を考えさせられるお話があったので、
    まずはそこからシェアしたいなと思います。

     

     


    今回は「天才」の言霊(ことだま)から考えていきます。


    IRMで言霊というのは、漢字の読みの「音」から、
    その「音」の他の漢字や言葉に置き換えてみて、
    その漢字の意味から、言葉の概念等を多角的に考えていくというものです。

     


    私、この言霊のお話、結構好きなんです。


    音から、こんなに拡がっていくんだって、いつも驚きがあるから。

    今回も「おぉ!」と思えるものが出てきました。

     

     

     

    「天才」の読みは「てん・さい」
    ここでは、「てん」と「さい」の他の漢字を考えます。

     


    「てん」はどんな漢字に変換できるでしょうか?

     

    先生が出したのは「展」と「転」でした。

     

    「展」には「才能を発揮する」という意味があるのだそうです。

    そして、「転」は「写す」という意味。

     

    「さい」は「祭」「再」「采」「菜」が出ました。

     

    「祭」は「祝い」の意味。
    「再」は「生む」という意味。
    「采」は「幸運」、「菜」は「育成」という意味です。

     


    だから、「てん」と「さい」をそれぞれ組み合わせて考えていくと、
    意味がいろいろ広がりますよね。

     

    才能を発揮して幸運をつかむとか、
    自分の奥にある光るものを写し出して育成していくとか。

     

    組み合わせ次第で、すごく拡がります。

     


    この漢字の当て方(選び方)もすごいな〜と思う部分ですが、
    意味を知ると、更にすごい!といつも思うんです。

     

    「展」の「才能を発揮する」とか、「采」の「幸運」とか、
    漢字一文字にこんな意味があったなんて!と感動します。

     

     

     

    こういう言霊を何で先生は考えるのかというと、
    ガチガチの概念を少しでもほぐすためなんじゃないかなと思います。

     

    「天才」って生まれながらにIQの高い人、
    すでに明らかな才能を持っている人、
    努力しなくても何でも出来てしまう人、など。

     

    そんなイメージのままでいるのではなくて、
    もっと「天才」を柔軟に考えられるようにするために。

     


    実際に、言霊のことを知った後は、
    「天才」が今まで考えていたものよりも、
    もっと深くて、もっといろいろな観方が出来るものなんだと、
    私は概念が広がった気がします。

     

    みなさんは、いかがでしょうか?

     


    天才道では、IQが高いとかの天才ではなくて、
    まだ観えていないけど、これから磨かれていく、磨いていくものも、
    いろいろひっくるめて「天才」なんです。


    こういう言霊のことを知るだけでも、「天才」の意味が拡がって、
    「無限なる天才」の「無限」部分も一緒に、
    知る前よりは「あるかも」なんて思えてきたりしませんか?


    私はそう思えてくるので、こういうお話は面白いなと思うんです。

     


    先生が出してくれた漢字だけじゃなくて、
    自分でいろいろ考えてみるのも面白いんです。

     

    ただの言葉遊びではなくて、概念を拡げるための言霊。

     

    いろいろな発見があるかもしれませんよ。

     

     

     


    今回は「無限なる」という方のお話まで行けず、
    言霊のことで終わってしまいました^^;


    「無限」のお話はまた今度。

     

     

     

     

    ここで、重大発表です!


    なんと次回のスクールで「天才道」が最終回です!


    「天職のための才能開発」ということで続いてきた天才道ですが、
    この天才道を通して、天才がスパークした方もたくさんいらっしゃいます。

     

    自分の進むべき道が観えて、それに突き進んでいる姿は、
    本当にキラキラしているんです。

    この仕事が出来て、嬉しい!楽しい!が体から出ている感じ。


    みなさんも、そんな風になってみたいと思いませんか?

     

    天職を探している方も、そうでない方も、最終回は必見(必聴)です!


    是非1DAYスクールにお越しください^^

     

     

    次回開催は、7月9日(日)です。

     

    詳細とお申し込みはこちら

     


    6月25日(日)までのお申し込みで早割が適用されます。

    さらに、間野智子のブログを見たというコメントで2000円引きに。


    お申し込みはお早めにどうぞ!

     

     


    ここまでお読み頂きありがとうございました。

     

    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

     

     

     

    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 23:10 | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://sptomo.jugem.jp/trackback/237
      トラックバック