PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
どうしたら自分が「無限」であることを自覚できるのか?
0


    みなさん、こんにちは。

     

    早いもので、もう夏至を過ぎましたね。

    19時でもほんのり明るくて、日が長くなったなぁと感じます。

     

    月日が経つのは本当に早いですね。

     

     

     

    さて、前回の記事の最後に、

     

    「自分が無限であること」を自覚できるようになる方法はどんなものか?

     

    という問題を出していたのですが、考えてみられたでしょうか?

     

     

    考えてくださった方、どうもありがとうございます^^

     

     

     

    今回は、この答えからスタートです。

     

     


    「自分が無限であること」を自覚できるようになる方法の問題を出した時に、
    ヒントも書いていたのですが、覚えているでしょうか?


    ヒントは、「自分が全体であることを理解するのが先」でした。

     

    このヒントにあるように、「自分=無限」を自覚する前に、
    「自分=全体」だと分かるようになることが大事なんですね。

     


    じゃあ、「自分=全体」だとどうやったら分かるのか?

     

    それは、「全体を客観的に観る視点を持つ」ことなんです。

     


    感情学修をするときにも客観的な視点が大事になるのですが、
    それと同じことです。

     

    ネガティブな感情であるデトックスにまみれている時を、
    よく台風に巻き込まれていると表現するのですが、
    自分の感情を観察するには、その台風よりも上空に自分が行くこと、
    台風を上から観る、自分を客観視することで感情学修がやりやすくなります。

     

    台風に巻き込まれたままだと、自分がどういう状態か、つかみにくいんですね。

     

    それと同じで、自分が全体の中にいる状態では「全体」は分かりません。
    ちょっと視点を引いて、遠くから自分を観れば、全体が分かるようになります。

     


    引いた視点、全体から外に出て全体を客観的に観ることを
    「個」の視点から観る、と呼ぶことにします。

     

    「個=自分」でもあるので、
    全体の中にいる「自分」も、外から見ている「個」も、みんな自分です。

     

    「個」の視点から、自分が自分を客観的に観ることで、
    「自分=全体」だと自覚することができ、
    その視点を上にどんどん上げていくことで、
    「自分=無限」も自覚できるようになるんです。

     


    視点をどんどん上げるには、どうしたらいいかと言うと、
    「精妙に観察すること」です。

     

    精妙に観ることが出来れば出来るほど、真理の実感に近づく。

     

    それは、自分が無限だという真理にも近づくことになるんですね。

     

     

     

    いかがでしょうか?

    自分と無限がイコールだという自覚は持てそうですか?

     

     

    いや〜、これだけじゃ、まだ無限を信じられないよ、
    という方もいらっしゃるでしょう。


    そうですよね、現実には無限を感じるどころか、
    日々デトックスがたくさん出たりしていて、
    天才道のことも、真理も、何もかもが信じられなくなっていたりと、
    否定したくなる状況になることも多いんじゃないかなと思います。

     

     

    まだ信じられない方のためのお話は・・・また次回^^

     

     

    また引っ張ってすみません(笑)

     

     

     

    ここまでお読み頂きありがとうございました。

     

    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

     

     

    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 23:24 | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://sptomo.jugem.jp/trackback/239
      トラックバック