PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
体験には意味があるというけど、どんな意味かは分かりますか?
0


    みなさん、こんにちは。

     

    数年前から紫外線に当たると腕だけすごく痒くなる体質になってしまったので、
    どんなに暑くても毎日長袖を着ています。

     

    おかげさまで痒くなることはなくなったのですが、とにかく暑い!

     

    太陽がさんさんと輝いているのも夏らしくて良いと思いますが、
    時折雲が太陽を隠してくれるとホッとするようになりました。

     

    雨雲以外の雲の役割についてはあまり考えたことがなかったけど、
    太陽を隠すという大事な役割があったんだな、雲って素晴らしい!なんて、
    改めて気づいて感動してしまいました。

     

     

     

    全てのことには意味がある。

     

     

    よく聞く言葉かもしれませんね。

     


    これは、嫌な出来事に対しても言えることですが、
    「自分にとってどういう意味があるか?」ということまでは、
    深く考えないことも多いのではないかなと思います。

     


    IRMは「イデア リーディング メソッド」です。

    訳すと「体験の本質を読み解く方法」ということ。

     

     

    ちゃんとやっているのに、自分ばっかり上司から怒られる。なんで?
    みんなとうまくやろうと頑張っているのに、どうしていつもこじれるんだろう?

     

    こういう時も、それを体験する意味があるということです。

     


    じゃあ、意味を考えてみよう。

     

    上司の性格が悪いからだ。
    上司に好かれるにはもっと媚を売らないとダメってことか。

     

    もっと自分の主張を抑えないと人には好かれないってことね。

     


    もしかしたら、こういう分析をして、

    それを体験の意味だと捉えている方もいるかもしれません。

     


    でも、そうじゃないんです。

    もっと、もっと、奥にある深い意味を探すんです。

     

     


    本当に体験の本質を読み解けたら、
    そこからギフトが得られて「感謝」が湧いてきます。

     

    そこまで行けると、嫌な出来事でしかなかったものが、
    オセロをひっくり返すように「ありがたい出来事」になります。

    そして、その後、同じような体験は一切しなくなるんです。

     

    こうやって現実までがガラッと変わって初めて、

    体験の本質を読み解けたとなる。

     


    何回も同じような体験をし続けるのは、
    まだまだそこから学ぶことが残っているよと教えてくれているということ。

     

    IRMでは「現実は浄化のバロメーター」と言っているのですが、
    ちゃんと本質を読み解けて完全に浄化できたかは、

    現実が教えてくれるんです。

     

    学び終えるまで、ありがたいことに、
    何度も何度も、手を変え品を変え、嫌な体験として出て来てくれる。

    本当によく出来ているなぁと思います。

     

     

     

    私がIRMを始めたときは、社長から嫌われ続けて7年以上、
    顔を合わせれば、何だかんだ理由を付けて怒られる日々。

     

    社長以外の社員の方たちや患者さん(薬局に勤めています)からは、
    自分で言うのもなんですが、かなり好かれているのに、社長だけダメなんです。

     

    理不尽すぎて、もう怒りを通り越して、恨みにまでなっていた。

    一生許すことはないし、墓場までこの恨みを持っていこうというくらいでした。

     


    でも、IRMを始めて、「感情学修」という方法で体験の本質を考えていったら、
    自分の中に相手を見下す価値観があったこと、
    自分が先に人を嫌って関係を断ち切るという価値観があったこと、
    どんどん、どんどん、いろいろなことが分かってきました。

     

    そんなことを自分でやっている自覚は全くなかった。

     

    むしろ自分では、
    「私は相手と良い関係性をつくるのが得意」
    「相手の良い所を探して仲良くなるのが得意」みたいに思っていたのに。

     

    顕在意識と潜在意識は全然違っていたことに、自分でもかなり驚きました。

     


    でも、おかげさまでそういうことに気づいて、
    「こういう価値観を持っていたから上手くいかなかったんだ」と
    心から腑に落とすことが出来た。

     

    そして、嫌な体験に繋がる大元の価値観を手放せると、
    みるみるうちに社長との関係が良好になっていったんです。

     

    ちなみに、浄化した後、4年くらい経っていますが、
    今現在も社長との関係は良好だし、社長に対して嫌な感情は湧かなくなりました。

     

    「恨み?何それ?そんなことあったっけ?」というくらい。

     

     

     

    体験の本質が読み解けると、現実が本当に変わります。

     

    現実を変えたいなら、その現実を創っている自分自身の中を変えるのが、
    何だかんだで一番早くて確実な方法だと思います。

     


    「大丈夫。大丈夫」と自分に思い込ませることで上手くいくならお手軽ですが、
    それが上手くいかなくて、思い込んだけどやっぱりダメだ〜となるなら、
    根本から変えられるIRMを学んでみるのも、一つの手かな、と。

     


    もうこういう体験は繰り返したくない!というみなさんへ、
    IRMの「基本のき」から、また少しずつお伝えしていこうと思います。

     


    お楽しみに^^

     

     


    ここまでお読み頂きありがとうございました。

     

    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

     

     

     

     


    1DAYスクール 大幅リニューアル!
     
     
    前回の1DAYスクールから、
    今までと内容がガラッと変わりました。
     
    IRMベーシックの時間には、
    認定インストラクターの奥山さんが、
    今みなさんにお伝えしたいことを、
    様々な切り口で分かりやすくお話ししてくれます。
     
    また、幸田先生によるIRMアカデミーも、
    質疑応答を中心としたオープンセッション形式。
     
    感情学修をやっているけど、いまいちスッキリしない、
    今まで天才道のことを聞いて来たけど、ここがよく分からない 等。
    どんな質問も受け付けているので、
    その時にあなたに必要な情報がたっぷり得られますよ!
     
    今の自分の問題を解決するヒントが欲しい方は是非!


    次回開催は9月10日(日)です。
     

    1DAYスクールの詳細とお申し込みはこちら


    8月27日までのお申し込みで早割が適用されます。

    間野智子のブログを見たというコメントで2000円割引です♪
     
    お申し込みはお早めに!

     

     

    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 14:06 | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://sptomo.jugem.jp/trackback/246
      トラックバック