PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
現実を創造しているってどういうことだろう?
0


    みなさん、こんにちは。

     

    先日の甲子園の試合では、久しぶりに胸が熱くなりました。

     

    どの選手も常に全力でプレーして、最後まで諦めない。
    アウトと分かっていても全速力で走り抜ける。

     

    今自分に出来る精一杯のことをやっているというのは、
    すごく人に伝わるし、感動するものなのですね。

     

    私も彼らを見習って、目の前のことに対して
    精一杯やっていくことを意識していきたいと思いました。

     

     


    さて今日は、IRMの基礎の基礎に戻って、
    「5つの法則」の中の
    「現実を創造している自覚を持つ」についてお話しようと思います。

     


    「5つの法則」というのは以前にも出てきた通りですが、
    おさらいのためにまた書いてみますね。


    IRMを極める<5つの法則>

     

    仝充造髻崛和ぁ廚靴討い觴覚を持つ
    ⊇侏荵を心の「鏡」として観る
    B慮海髻崛換猟蝓廚垢
    そ秧萋圧,如屮ーダー」を出す
    ニ召泙覆ぁ峇蕎陝廚鮠化する

     

     

    これを一つずつ、どういうことなのかお伝えしようと思うのですが、
    今回は,痢峺充造髻愾和ぁ戮靴討い觴覚を持つ」です。

     

     

     

    みなさんは「現実」がどのように創られているか、考えたことはありますか?


    ただ流れていくもののように感じる方もいるかもしれませんね。

     

    でも、実は全ての事において、自分の意識や思考が関わっているんです。

     


    どういうことかというと・・・

     

    例えば、今日はこの服を着ようと思ったから着ている、
    会社に行こうと思ったから、今会社にいる。

     

    自分が「こうしよう」と思った事が実行されて、
    今という現実になっていると考えると、
    「今会社にいる」という現実を創り出したのは自分だと思えませんか?

     


    これは、頭ですぐにわかる部分の意識です。

     

    この意識がこういう現実を創ったんだな、
    自分の選択、自分の思考でこうなっているんだなと、すぐに納得できると思います。

     

    そういう「自分の選択で創られていくもの」と思うと分かりやすいですね。

     

     

     

    そして、もう一つは「自分の意識が映し出されたもの」という考え方があります。

     

    ただ聞いただけでは分かりづらいかもしれませんね。

     


    これはどういうことか説明していきますね。


    例えば、目の前に紫色の液体が入ったグラスがあるとします。


    「これは何ですか?」と聞かれたら、なんと答えますか?

     

    ぶどうジュース、赤ワイン、ブルーベリージュース、
    他にもいろいろ考えられるでしょう。

     


    答えを考える時に、それがどういう場所にあるのか、
    昼間なのか夜なのか、グラスの形など、
    状況によって答えが違うかもって、思った方。

     

    そうなんですよ。
    ここ、すごく大事なんです。

     

    シチュエーション等で答えは全然違ってきますよね。

     


    目の前のものがどういうものかというのは、
    こういう時だったらワインは出さないでしょうとか、
    過去を振り返って「この状況ではこうだった」という
    経験や知識、価値観、状況判断で認識しているんです。

     

    液体の本当の答えというのは、実はあまり関係ありません。

     

    「自分がどう認識したか」ということが一番大事です。


    実は、この「認識」というのが、「創造している」とイコールなんです。

     

     


    相手がどんなに「怒ってないよ!」と言っていたとしても、
    「いや、そうは言っても内心は絶対に怒ってるよ〜」と
    思ってしまうことってないですか?

     

    私はあります(笑)

     

    相手がどういう考えを持っているか、
    本心を言っているのか言っていないのか、
    そういうのも含めて、全部自分で「そう思っている」だけ。

     

    実際に相手がどう思っているかは、全く関係ないんです。


    自分が認識したことが全て。

     

    それが自分にとっての現実だから、
    「現実は自分が創造している」と言えるんですね。

     

     

     

    そして、その創造している「自覚」を持つ事で、
    自分の現実は自分次第、自分で何とか出来るものになる。

     

    自覚を持って初めて、
    現実が自分でコントロール出来るものになるんです。

     

    自分でコントロール出来るものだから、
    嫌な現実であっても、自分で何とか出来るようになる。

     

    だから、その「自覚」というのもとても大事なんですね。

     

     

     

     

    現実を創造している自覚を持つことで、
    何とか出来るものになる、というのは確かなのですが・・・

     

    じゃあ、一体どうやって?

     

     

    その点は、またこれからお伝えしていきたいと思います。

     

     

     


    ここまでお読み頂きありがとうございました。

     

    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください。

     

     

     

     

    「天職・才能 発現ラボ」開催のお知らせ

     


    あの「天才道」の実感型ワークショップが帰って来た!


    今年に入ってから続いていた「天才道」
    惜しまれつつも一旦終了となってしまいましたが、
    そのエッセンスをたくさん取り入れた
    天才道のワークショップを体験できる、
    「天職・才能 発現ラボ」を開催することになりました!!


    詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

     


    お申し込みはこちらです。

     

     

     

     

    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 19:31 | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://sptomo.jugem.jp/trackback/248
      トラックバック