PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
情報の受け取り方
0

    みなさん、こんにちは。

    前回の記事では「自分というものは他人からの情報によって創られている」
    ということを書きましたが、
    今回はその続きで「情報の受け取り方」について書きたいと思います。


    そもそも「情報」とはどんなものだと思いますか?

    以前の私は「情報」と聞くと、
    テレビやインターネット等のメディアから得られるもので、
    ざっくりしたイメージでは「お知らせ」のような感じだと思っていました。

    良い機会なので「情報」を辞書で調べてみますね。

    1 ある物事の内容や事情についての知らせ。インフォメーション。
    2 文字・数字などの記号やシンボルの媒体によって伝達され、
      受け手に状況に対する知識や適切な判断を生じさせるもの。
    3 生体系が働くための指令や信号。
      神経系の神経情報、内分泌系のホルモン情報、遺伝情報など。

    なるほど。丁寧に説明するとこうなるのですね。

    以前の私のイメージは1番目の解説に近いのですが、
    「メディアから得られる」と絞ってしまっている所が違いましたね。

    そうなんです。
    「情報」というのは「ここからしか得られない」と絞れるものではないんです。

    実は、自分の周りのあらゆるものが「情報発信源」です。

    例えば道端に一輪の花が咲いていたとします。
    それを見たあなたは「道端に花が咲いている」という「情報」を得たことになります。

    わかりますか?

    「部屋に洗濯物が干してある」とか、
    「電車の中で女子高生たちが会話をしている」とか、
    「太陽が照りつけて暑い」とか、
    見えるもの、聞こえるもの、感じるもの、全てが「情報」
    ということなんです。

    そして、その「情報」をどう受け取るかというのが、
    今回のテーマの「情報の受け取り方」になります。

    「『受け取り方』なんて、例えばさっきの『一輪の花』だったら、
    みんな同じようになるんじゃないの?
    花があるってだけで他には何もないんだから。」

    なんて思われるかもしれませんね。

    ところが、これが人の数だけ「受け取り方」が存在するんですね。

    「どう受け取るか」というのは例えばこんな感じです。

    「一輪だけでも十分に美しいな。」
    「他には何もないのに、これだけ咲いているなんて力強い花だ。」
    「たった一輪じゃ、お花もみすぼらしく見えるものなのね。」
    「こんなところに生えやがって、邪魔くさい。」

    等々、いろいろあります。
    あとは、花があることにも気づかない、無関心もありますね。

    このように「情報の受け取り方」というのは、
    まさに十人十色で、ポジティブにも受け取れるしネガティブにも受け取れる、
    本当にその人の感性によるものなのです。

    「情報」というのは、あらゆるもののことですから、
    もちろん他人の言葉や態度といったものも当てはまります。

    誰かに何かを言われたりされたりしたときに、
    自分がそれをどう受け取るかというのがとても重要です。

    例えばAさんに
    「ちょっとこっちの仕事を先にやってくれる?」
    と言われたとします。

    これを聞いてあなたはどう思いますか?

    「私に指図するなんて!自分でやればいいじゃない。」
    「仕事の優先順位がいまいち分からなかったから、言ってもらえて良かった。」
    「面倒くさいから、他の人に頼んじゃおう。」

    等、いろいろな受け取り方が出来ますね。

    普段Aさんのことをどういう人だと認識しているかや、
    仕事に対しての考え方等で、
    受け取り方がプラスにもマイナスにもなります。

    ここで覚えておいて頂きたいのは、
    「情報そのものには何の問題もない」ということです。

    良い事か嫌な事かが決まるのは、
    あなたが情報を受け取った瞬間
    なんです。

    情報を受け取ったあなたがどう感じるか、
    その情報であなたの中のどの価値観が反応するかで、
    目の前の現実の良し悪しが決まってしまうということなんですね。


    何か嫌な出来事があった時に、
    「私はなぜそういう情報の受け取り方をしてしまったのかな」と、
    徹底的に考えるのが「自己観察」です。

    人は本来自由だし幸福なはずなのに、
    心地良くない状態になっているときは、何かが間違っているということです。
    そして、その「何か」というのが「情報の受け取り方」なんです。


    「情報の受け取り方」の重要性はご理解頂けたでしょうか?

    少しでも伝わっているといいなと思います。


    最後までお読み頂きありがとうございました。

    それでは、今日もハッピーな一日をお過ごしください♪


    ******************************


    IRMエキスパートガイドとして、無料ガイダンスをしています。
    興味を持たれた方は是非お気軽にご連絡ください。

    自己観察について詳しく聞きたい、ちょっと話を聞いてみたい等、
    何でも結構です。

    分かりやすく丁寧にお伝えすることを心掛けています。

    vinefan05@yahoo.co.jp

    スカイプでの対応も出来ますので、ご相談くださいね。

     

    posted by: 間野智子 | IRMからの学び | 23:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 23:40 | - | - | - |
      いつもありがとうございます!
      昨日二つ大きなデトックスが、ありました それで情報の受け取り方を変えてみたら、凄く幸せなんだと気づかせてもらえました 本当に全部そうなんだな……って思いました 本当にありがとうございます!
      | kana | 2013/09/21 12:30 PM |
      kanaさん

      こちらこそ、いつもコメントありがとうございます♪

      2つの大きなデトックスの情報の受け取り方を変えられて、
      幸せに気づかれたなんて本当に凄いですね!!
      1つだって凄いことなのに2つもだなんて!
      本当に素晴らしいです☆

      出来事そのものには何の問題もなくて、
      全て自分の情報の受け取り方にかかっていると知るだけで、
      人生が180度変わるかもしれない・・・

      そのくらい「情報の受け取り方」は大事なんですよね。

      これからもお互いに、幸せな情報の受け取り方をしていきたいですね^^

      ありがとうございました♪
      | 間野智子 | 2013/09/25 12:42 AM |









      この記事のトラックバックURL
      http://sptomo.jugem.jp/trackback/43
      トラックバック